ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

生き方

稲盛和夫
(460)

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

多くの人が人生の指針を見失っているこの混迷の時代に打ち込む、「生き方」という一本の杭。私たちの人生を成功と栄光に導き、また人類に平和と幸福をもたらす王道とは何か?京セラ・KDDIを創業した著者が贈る、渾身の人生哲学。

作品詳細情報

タイトル:
生き方
ジャンル:
実用教養人生論
著者:
稲盛和夫
出版社:
サンマーク出版
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.3MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2013-8-21 ]

生き方という題、壮大である。
著者の稲盛氏(京セラ会長)が、自分の人生の行き方の実践、さらに、生きるとは、こうあるべき、ということが述べられている。自身の行動も記されているので、内容は説得力がある。魂を磨く、こころを磨くことが大切である、と説く。日本人は美徳を忘れていないか?
また、圧倒的な強みと思ったのは、現場主義である。現場の声を聞かずして、理想の仕事の達成はない。
こころを磨くためには、宗教の教えは、必要と思える。あまりに宗教的儀礼を排除してしまった現在では、改めて認識をする必要ありと考えた。また徳を建ためには道徳教育の実践が不可欠である、誰しも小学校時代には学んでいるが、実行し続ける人は少ないのではなかろうか?

国家についての考えは同調できず。大きく異なると思う。謝罪の必要はないと考えている。
日本、国家、列強と対抗することが大切ではないのか?


感銘を受けた言葉
生き方(目次から)
「考え方」を変えれば人生は180度変わる
魂を磨いていくことが、この世を生きる意味

人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力
(マイナスの結果もあり)

努力を積み重ねれば、平凡は非凡に変わる
現場で汗をかかないと何事も身につかない
現場の力=リテラシー?

日本人は「美しい心」を知ってしまった。
リーダーには才よりも徳が求められる。
才能は天からの授かり物⇒たまたま、私に与えられたものであり、私はそれを磨く努力をしたにすぎない。能力、役割が私だけの所有物である必要性はない。才能は社会のために。

心を磨くために必要な「六つの構造」
4つの煩い 偽 私 放 奢

天国と地獄 うどん

自然の理に学ぶ「足るを知る」という生き方
災難にあったら「業」が消えたと喜びなさい

同じ著者の作品