ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

或阿呆の一生

価格:0(税抜)

作品情報

あらすじ

「人生は一行のボオドレエルにも若かない」とは、冒頭の有名な文句。51の断章から構成された、芥川龍之介の自伝的な遺稿であり、遺書とも言われている。自らを“阿呆”と蔑みながら、夏目漱石や谷崎潤一郎を偽名で登場させ、自分の人生を振り返るようにこの本を書いた。善悪の違いを認めていない天使との会話である「問答」や、鉄の銚子に美を見抜く「形」、荒れ果てた空き地にセザンヌの風景画を見た「色彩」などは、彼を象徴するような感覚が現れている。友人代表として弔辞を読んだ菊池寛は、後に芥川賞を創設。芥川とその作品に小説のある理想を見ていたのかもしれない。

作品詳細情報

タイトル:
或阿呆の一生
ジャンル:
文学・詩集日本文学
著者:
芥川龍之介
出版社:
青空文庫
掲載誌:
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

同じ著者の作品