ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
かつては、どの(総合)大学にもあった「文学部」の存在が薄れつつある。いっぽう、文学部の内・周辺・隣接には、次々と新学部・新学科が誕生している。「総合人間学」「国際教養情報学」「文化構想学」「コミュニケーション学」「人間学」など、耳慣れない名称の学部・学科がふえている。「文学部」では、学生が集まらないのか? 文学部卒業は就職に不利なのか? 大学はどのように受験生を集めるのか? 学生・父兄は、大学に何を求めているのか? そもそも大学の役割とは? さまざまなアプローチから、「文系」大学の現状と未来を伝える。
タイトル:
文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」
ジャンル:
教育・語学・参考書教育教育一般
著者:
倉部史記
出版社:
主婦の友社
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2013/11/29
書籍発売日:
2011/03/10
ファイルサイズ:
0.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード