ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

TSUNAMI 津波

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

東海大地震。起きる起きないが問題なのではない。それは必ず起きる。だから、今から何をしなければならないのか。独自のハザードマップを作り、地震対策に努める26歳の市役所防災課職員がいた。だが、大地震が連続して発生。空前の大津波が太平洋岸を襲う! そのとき恋人は、超高層ビルの建築主は、原子力発電所の職員は、自衛隊員は、首相は、どう運命と向き合ったのか!? 大迫力の防災サスペンス作品。

作品詳細情報

タイトル:
TSUNAMI 津波
ジャンル:
小説国内小説一般
著者:
高嶋哲夫
出版社:
集英社
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.3MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-5-6 ]

前作「M8」から数年後の世界.神戸の震災を経験した前作の登場人物に,新たな人物が数人加わる.直下型地震の予測と,既にある設備を使った直前の防災措置を主題としていた前作とは異なり,今回は百年単位のスパンで来ることが分かっている海溝型地震の実際の挙動の予測の困難さとそれがもたらす混乱,海溝型地震の想像を絶する被害と現状ある防災設備の不十分さ,そして二次的な事故を水際で身を挺して止める現場の人々の奮闘が描かれる.ここでは直下型地震の後に東海東南海南海地震が連動して起こる最悪のケースを想定しているが,直下型地震でダメージが起きた直後に海溝型の巨大地震や津波被害が来る恐ろしさが印象に残る.減災という点でも恐らく今あるインフラを抜本的に改める必要があると思うが,そういった機会は結局,このような地震で一度全てが崩壊しないことには,訪れないのかもしれない.

同じ著者の作品