ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

タワーリング

価格:1,200(税抜)
※この作品はPCサイトでは再生できません。スマートフォンアプリからご利用ください。

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

「我々は、ウインドシア六本木をビルジャックした!」。ビル会社社長を人質にとり、最上階に立てこもる犯人。地上で手をこまねく警察を前に、17階のオフィスにいた船津康介はある奇策を思いつくが……。最先端技術を極めた都市の要塞と、どんな時代も変わらぬ人々の「思い」が交差する、どんでん返し満載の城攻めサスペンス。

作品詳細情報

タイトル:
タワーリング
ジャンル:
小説国内小説一般
著者:
福田和代
出版社:
新潮社
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.5MB
配信方式:
ダウンロード

作品レビュー

[ 2017-10-21 ]

まもなくオリンピックが開催される昭和39年、東京。
三人の少年が、小高い丘の上から東京の夕陽を眺め、
夢を語る場面から物語は始まる。

そして現在、最先端の設備を誇る六本木のタワービルが乗っ取られた。
人質は最上階に住む社長───。

面白かったです。
犯人の動機には少し「ん?」となりましたが…。
最後のどんでん返しのような真相、全く想像しませんでした。

成功者と呼ばれる人が、何かを成し遂げるために、やむを得ず犠牲にしてきたもの。
欲しいものは、何もかも手に入れているかのように見えても、
一番欲しかったものは手に入らなかった。
その孤独がせつない。
「象のお話」と冒頭の東京の夕陽が深く印象に残ります。

余談ですが、重要な役割を担うお掃除ロボットの「ロボタン」。
人気のない暗いビルの中を、一人でエレベーターに乗ってお掃除している姿を想像したら、
なんだか妙にいじらしく思えてしまった。

同じ著者の作品