ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

裁判員のためのかみくだき刑法

森炎
(1)

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

2009年から始まった裁判員制度。これによって選挙権のある人間のほとんどが裁判員の候補となる。多くの人が、そこで「人を裁く」という、あまりにも難しい問題に直面する。その指針となるのが「刑法」。本書は、あまりにもわかりやすい、刑法の入門書。

作品詳細情報

タイトル:
裁判員のためのかみくだき刑法
ジャンル:
社会・政治・法律法律
著者:
森炎
出版社:
学研
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.3MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2010-7-7 ]

[ 内容 ]
ほぼすべての国民が裁判員となって人を裁く可能性をもつ裁判員制度。
この制度の下、市民裁判員は、「強盗殺人」「放火殺人」「誘拐」など、極刑も想定される罪を裁くことになる。
「市民感覚」「白紙状態」…そんな姿勢で臨んだ法廷で、彼らを待っているのは、「人を裁けるのか」という大きな苦悩だろう。
いかに人を裁くべきか?
その指針、そして大原則となるのが「刑法」である。
実例を豊富にまじえた、あまりにもわかりやすい、裁判員制度時代の刑法入門書。

[ 目次 ]
序章 裁判員にとって必要な条文はこれだけ
第1章 「罪と罰」―「罪」の世界
第2章 正当防衛と緊急避難―許された殺人、許された傷害
第3章 犯罪の故意―微妙な内面の世界
第4章 責任能力―犯罪を犯していても無罪になる世界
第5章 未遂犯と中止犯―犯罪が中途半端に終わった場合
第6章 共犯―知られざる「共謀共同正犯」の世界
第7章 「罪と罰」―「罰」の世界

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

同じ著者の作品