ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

2011年ビジネス書大賞受賞!
500ページ超という本格経営書でありながら、異例の15万部を突破したベストセラーが待望の電子書籍化!

“戦略の神髄は 思わず人に話したくなるような 面白いストーリーにある。”

大きな成功を収め、その成功を持続している企業は、戦略が流れと動きを持った「ストーリー」として組み立てられている。戦略とは、必要に迫られて、難しい顔をしながらつくらされるものではなく、誰かに話したくてたまらなくなるような、面白い「お話」をつくることにある。本書では、多くの企業事例をもとに「ストーリー」という視点から、究極の競争優位をもたらす論理を解明していく。

※本書は、2010年5月に東洋経済新報社より刊行された『ストーリーとしての競争戦略』を電子書籍化したものです。

作品詳細情報

タイトル:
ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件
ジャンル:
ビジネス・経済経営経営・経営学
著者:
楠木建
出版社:
東洋経済新報社
掲載誌:
ファイルサイズ:
2.3MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2013-9-28 ]

競争戦略におけるストーリーの重要性について、
丁寧に語られた良書です。

ボリュームはそこそこありますが、
本書で語られるストーリー自体がおもしろいということもあって、
一気に読めました。



最近、ストーリーが大事だ、物語が大事だ、
と言われますが、競争戦略におけるストーリーの意義を、論理的に説明していて、単なる成功事例の紹介ではないのがよいです。



本書を読むと、戦略なき経営がいかに多いかを考えさせられるのではないでしょうか。

単なるポジショニングや、自社の強みに特化した経営ではなく、
その根底にストーリーがあるか。



最初から完璧なストーリーなんてありえませんが、
ゴールから逆算して、いかにストーリーをつくりあげていったらよいか。
そして、他社と違いをつくるために、どんなことに気をつけていったらよいか。
優れたストーリーの構造とはどのようなものか。

示唆に富みます。



“なぜかといえば、戦略ストーリーの優劣の基準が「一貫性」にあるからです。一貫性こそが戦略ストーリーがもたらす持続的な競争優位の源泉です。先に競争優位とコンセプトを固め、一つひとつの構成要素が強い因果論理でエンディングにつながるようにしてあげれば、自然とストーリーがシンプルで骨太になり、一貫性が確保されます。”

同じ著者の作品