ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

※この作品はPCサイトでは再生できません。スマートフォンアプリからご利用ください。
保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
封建時代の圧政の象徴から暴れん坊まで、徳川将軍は様々イメージされてきたが、江戸時代の人々にとって、実際はどのような存在だったのか。大名は拝謁儀礼、御成、鷹狩り、拝領と献上などのチャンスを使って、将軍との親密さをアピールするとともに家格の向上を図り、町人は町入能で将軍に「成田屋」と声をかけ、「ありがたく」も「勿体ない」存在として誇った。御威光の巧みな演出法にみる葵のブランド戦略。
タイトル:
徳川将軍家の演出力
ジャンル:
心理・思想・歴史歴史・地理日本史
著者:
安藤優一郎
出版社:
新潮社
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2014/07/15
書籍発売日:
2007/01/17
ファイルサイズ:
1MB
配信方式:
ダウンロード

この作品の関連テーマタグ