ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

欠陥「国民投票法」はなぜ危ないのか

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
憲法改正の狙いは、国民の権利を制限してアメリカと一緒に武力行使出来る国家をつくること。強行採決で成立した「憲法改正国民投票法」は、重要事項に18項目もの附帯決議が付いた“欠陥法”。「アメリカ(GHQ)に押しつけられた憲法だから…」と言っていた改憲派の人たちが、アメリカの圧力で改憲を急ぐ理由とは? 最低投票率の規定も無く、「改憲し易くする」ことだけを目指した手続法「改憲国民投票法」を通して、日本国憲法を取り巻く状況、そして私たちのとるべき姿勢について考えてみよう。
タイトル:
欠陥「国民投票法」はなぜ危ないのか
ジャンル:
社会・政治・法律法律
著者:
隅野隆徳
出版社:
角川アスキー総合研究所
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2014/06/28
書籍発売日:
2010/04/01
ファイルサイズ:
0.6MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード