ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

9割の病気は自分で治せる

岡本裕
(22)

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

少し体調を崩すと、安易に薬や病院に頼っていませんか? 薬は、あくまでも対症療法です。副作用が必ずありますので、長く服用すれば体は本来の機能を失い、確実に蝕まれていきます。そこで、まずは自己治癒力を高めることで病気を遠ざけてみませんか。風邪、高血圧、糖尿病、肥満、頭痛、腰痛、不眠、便秘……。実は、これらの病気はすべて自分の力で治すことができるのです。本書では、病気の根本的な原因である生活習慣と考え方を変えることで、体が本来持っている治癒力を高め、健康な体を作る方法をお教えします。

作品詳細情報

タイトル:
9割の病気は自分で治せる
ジャンル:
医学・薬学・福祉医学
著者:
岡本裕
出版社:
KADOKAWA / 中経出版
掲載誌:
ファイルサイズ:
3.3MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-11-12 ]

現代医療に真っ向から挑戦する本。よくぞ出版してくれました。糖尿病の方は、絶対に一読すべき書物です。合わせて、石原結實先生の本を読めば、糖尿病が治る病気であることを知ることができます。糖尿病と診断され、治らない病気なので、一生薬飲むように医者に言われた皆さん、絶望している場合ではありません。糖尿病は治ると言ってくれる医者にかかるべきです。この本はその第一歩になるでしょう。実際、近しい人が、この本に勇気づけられ、石原結實先生の方法を実践することで、「糖尿病です。もう治りません」と宣言されてから、たったの1.5 ヶ月で糖尿病を直してしまいました。

以下注目点
・喜劇の病気。高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満症、通風、便秘症、頭痛、腰痛症、不眠症、自律神経失調症
・おいしい患者。喜劇の病気の患者。
・外来患者一人あたりの診察料。日本:7000円、スウェーデン:8万9千円、イギリス2.5万円
・日本の医療は、薄利多売。
・医者がいなくても治る人は治るし(カテゴリー1)、治らない人は治らない(カテゴリー2)。
・1999/5 血糖値基準 144→126へ。一夜で糖尿病患者が数百万人発生!?→おいしい患者がいっぱいになった。
・専門+内科で開業する。「内科、外科」
・降圧剤で血圧を低くコントロールしても、脳出血は防げない。(降圧剤は意味無し)
・コレステロール 220-280mgの人が一番長生き。コレステロール値が低い人ほど、がん死亡率が高くなり、自立度も低下する。→スタチン剤(コレステロール低下剤)を飲む人は、大きな損。
・メタボはただの食べ過ぎ。治療するに値しない。食い過ぎをやめろ。
・急性胃炎で、シメチジン(タガメット)の服用。認知が憎悪。服用やめたら、すぐに回復。
・頭痛薬の常用でガンになる可能性あり。頭痛薬の常用が、交感神経を刺激し、心身に慢性的なストレス負荷をかけたことで、ガンになったのではないか?
・この病気は決して治ることはありません、薬を一生飲み続けてください→という医者にはかからない方が良い。
・衰えを感じる年になってからの、我慢、忍耐、根性、がんばり、競争、義理、約束、責任感、義務→自己治癒力低下。がんになってしまう。
・嫌なことを極力避ける、やりたいことを優先してやる→自分が慣れ、相手に認める→自己治癒力の向上。
・自分の命の責任は自分でもつべし。治療方針は、医者が決めるのではなく、自分で決める。
・信頼できる医者。カテゴリー分け(トリアージ)してくれるか?
・お礼は不要。お礼によって、医者との心の絆が深くなることはない。

同じ著者の作品