ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

「なぜか成果が出てしまう人」の習慣術

読み放題
2019/7/1 0:00まで
価格:1,200(税抜)

読み放題プラン:初回入会時30日間無料

読み放題プラン(総合コース)に入会して読む 購入して読む

作品情報

あらすじ

高橋俊介氏 推薦―― 「いい感じ」に仕事ができる人は何が違うのか?――
「いい感じ」に仕事ができる人は何が違うのか? 高い成果を安定的に残し、周囲からも存在を認められ、かつ仕事に取り組む表情のいい「ハイパフォーマー」になれるかどうかの差は、習慣的な姿勢と基礎的な方法(定石)を学び、実践し、身につけているかどうかにある。
本書には、いい感じで仕事をするために無意識的に実行できることが望ましい基本中の基本が、良い「習慣術」として開示されている。企業研修の現場で習慣化を作り上げてきた人材開発コンサルタントが、自らの経験から発見した、合理的な努力を積み重ねてスタイルを形成し、「いい感じ」で仕事に取り組む「ハイパフォーマー」になるためのコンピタンシーを身につけるための方法論の支柱を提供します。

作品詳細情報

タイトル:
「なぜか成果が出てしまう人」の習慣術
ジャンル:
ビジネス・経済仕事の技術・スキルアップ自己啓発
著者:
土井哲高木進吾
出版社:
東洋経済新報社
掲載誌:
ファイルサイズ:
10.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2015-3-31 ]

常に顧客視点、相手視点、結果視点、目的視点。orではなくand悩んだらどちらも必要。スピーディーとは、時間厳守、早期着手、手際の良さ。planは結果から考える、弱火で3分ではなく狐色になるまで(例え)doはハングライダー、風に流される、checkは結果、プロセス、原因を自責思考で。actionは未来を見る、基本、改善思考、革新思考。成功要因を見つける。着眼大局、着手小局。わかりやすく話す、言葉は平易、文章は短く。論点、結論、根拠。
放し方は空→雨→傘、事実、意味合い、打ちて。
仮説思考、情報は答えに一番近い人から集める。
課題について、自分の課題は本質か?問題ではなく前提と考える。分けることで細かいところに課題を閉じ込める。実践アプローチは豹変と回りを巻き込む

同じ著者の作品