ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

裁判員必携――批判と対応の視点から

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
市民が司法に参加する目的は、強要された自白調書を証拠とせず、市民が自主的に評価、事実を公正に判断して無辜を罰しないことです。裁判官が経験則をもちだし裁判員に影響を与えては市民は冤罪に加担させられてしまいます。本書はこのような視点から裁判員制度の真の狙いを暴き、司法への市民参加の展望を考えます。
タイトル:
裁判員必携――批判と対応の視点から
ジャンル:
社会・政治・法律法律
著者:
伊佐千尋石松竹雄
出版社:
筑摩書房
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2014/07/27
書籍発売日:
2009/08/01
ファイルサイズ:
0.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

この作品の関連テーマタグ

同一著者の作品