ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

GANTZなSF映画論

奥浩哉
(14)

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

漫画家・奥浩哉にとって、SF映画は自身の創作に大きな影響を与えるものである。本書では、クリエーターとしてインパクトを受けた名作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などの超メジャー映画からマイナーB級映画まで、約100作品を紹介。脚本力や演出力とは何か、キャラクター論、コミックス原作映画への思い、漫画家から見たカメラワークや構図、CG制作・美術デザインにいたるまで、独自の視点でおおいに語る!【目次】序章 漫画家が映画を語る理由/第一章 脚本力と設定力を楽しむ!/第二章 超私的「キャラクター」論/第三章 名シーンのつくられ方/第四章 アニメと漫画と映画の関係/第五章 美術デザインを愛でる映画/第六章 CGとSF映画の今昔物語/あとがき/掲載映画一覧

作品詳細情報

タイトル:
GANTZなSF映画論
ジャンル:
趣味映画・音楽・演劇映画
著者:
奥浩哉
出版社:
集英社
掲載誌:
ファイルサイズ:
1.3MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-10-14 ]

『GANTZ』のメイキング本であり、
映画をお題にしたエッセイ集。

本格的にCGを採用した最初の映画は、
『トロン』(1982年、米)らしい。
ティム・バートンがアニメーターとして参加したそうだ。
CG部分はシンプルなワイヤーフレームが使われた程度で、
他は手描きのアニメーションでつくられた。
[more]
【目次】
序 漫画家が映画を語る理由
1.脚本力と設定力を楽しむ!
2.超私的「キャラクター」論
3.名シーンのつくられ方
4.アニメとマンガと映画の関係
5.美術デザインを愛でる映画
6.CGとSF映画の今昔物語

同じ著者の作品