ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

高い城の男

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

第二次世界大戦が枢軸国側の勝利に終わってから十五年、世界はいまだに日独二国の支配下にあった。日本が支配するアメリカ西海岸では連合国側の勝利を描く書物が密かに読まれていた……現実と虚構との間の微妙なバランスを、緻密な構成と迫真の筆致で描いた、P・K・ディックの最高傑作!

作品詳細情報

タイトル:
高い城の男
ジャンル:
小説SFSF(海外)
著者:
浅倉久志フィリップ・K・ディック
出版社:
早川書房
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.4MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2016-1-28 ]

第二次世界大戦に枢軸側が勝利していた世界――の
アメリカを舞台にした改変歴史SF小説。
敗戦国民として自尊心を傷つけられた
アメリカ一般市民の暮らし、
反目し合う日独の駆け引き、スパイや暗殺者の策動、etc.
もし連合国が勝利していたら……
という内容の小説『イナゴ身重く横たわる』が
ベストセラーになると共に一部地域では発禁になっている世の中で、
その本と占筮に導かれて接触したり擦れ違ったりする人たちの様子。
しかし、全体的に地味な群像劇で、読んでいると
自分が高い場所から箱庭を見下ろしているような気分に
なってくる。
タイトルは作中での『イナゴ身重く横たわる』の著者が
身を守るために堅固な城にも似た屋敷で暮らしているという噂に基づく。
結末は、途中から漠然と予想していたとおりだった。
時間が経って読み返せば
スルメのようにジワジワ旨味が感じられるようになる、のかな(笑)?

同じ著者の作品