ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

質量はどのように生まれるのか 素粒子物理最大のミステリーに迫る

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ヒッグス粒子とは何かの鍵は真空にある。素粒子物理最大の謎に迫る。2009年、スイスのCERNで人類史上最大の加速器LHCが動き出した。そこでは質量が生まれる仕組みの鍵を握るヒッグス粒子の発見が期待される。しかし、それが見つかれば質量の起源の問題はすべて解決されるのか?質量が生まれる仕組みの理解には、特殊相対性理論や量子力学はもちろん、自発的対称性の破れなど現在の素粒子理論の基本的な考え方が総動員。(ブルーバックス・2010年4月刊)
タイトル:
質量はどのように生まれるのか 素粒子物理最大のミステリーに迫る
ジャンル:
サイエンス・テクノロジー数学・物理学・化学物理学
著者:
橋本省二
出版社:
講談社
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2015/03/10
書籍発売日:
2010/04/20
ファイルサイズ:
61.9MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

この作品の関連テーマタグ