ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

一生モノのジャズ名盤500(小学館101新書)

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

老舗ジャズ喫茶店主が選ぶ究極の名盤ガイド。

東京・四谷のジャズ喫茶「いーぐる」店主&ジャズ評論家である後藤雅洋による、ジャズガイドの決定版。「いーぐる」の選曲ノウハウを基に、500枚のジャズアルバムを「歴史」や「スタイル」ではなく、“実際に聴いた感じ”で捉えて分類。“ハードバップ”“モード”といった難解な専門用語を知らずとも、ジャズ喫茶の椅子に腰掛けた客のように、ジャズの魅力に浸ることが出来るようになっている。
(「クールな感じ」「グルーブ感がいい」「リラックスできる」…など18種)傾向リストによって効果的にグループ分けし、あるグループの演奏が気に入ったら、そのグループの他のアルバムに“耳”を拡げていく、という方法をとる。
巻末に、著者インタビューと、アーチスト別索引、全アルバムデータ(参加メンバー、レーベル、録音年)を収録。

作品詳細情報

タイトル:
一生モノのジャズ名盤500(小学館101新書)
ジャンル:
趣味映画・音楽・演劇音楽総合
著者:
後藤雅洋
出版社:
小学館
掲載誌:
ファイルサイズ:
23.8MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2010-8-8 ]

最近よく聞く曲は?と聞かれたら「う~んJazzかな」と最初に答えるくらい、徐々に、しかし中途半端にjazzの魅力に惹かれつつある。
そこで、jazzのことはまだ何も知らなかったので、この本を読んで体系的に知ってみようと思い購入しました。
何が名曲で、誰が有名で、どんなジャンルがあるのかをざっくり知るのにはもってこいです。
この本が面白いのは、曲やアーティストの分類を「一般的」なジャンルで分類するのではなく、著者の「主観的」な感性によって分類されているところ。
だから、正確な分類ではないのだが、一人のjazzファンが「どれだけJazzに愛着があり、どんな曲が好きなのか」を垣間みることができる。
逆に、だからこそこの本は魅力があると思う。

同じ著者の作品