ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

カイジ「命より重い!」お金の話

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

巨大企業と戦う青年を描いた大人気漫画『カイジ』に学ぶ、
激動の日本経済を生き抜く知恵


本書は、経済ジャーナリストの著者が、シリーズ1900万部を突破した大人気漫画『カイジ』を、「お金の教科書」として読み解いた一冊です。
著者は、私たちに足りないのはお金を「使う知識」と「守る知識」だと言います。
本書では、この“使う”と“守る”について、この世の中を生き抜くために重要な、
それこそ「命より重い!」と言えるかもしれないお金の知識を網羅しました。

1章では、私たちの人生を決めている“収入”について、いくつかの落とし穴を指摘しています。
多くの人が「給料が足りない」と嘆くのはなぜなのか?
その説明として経済学的にはよく知られた、私たちの思考のクセについて解説しています。

2章では、私たちがどうしてお金を守る必要があるのか。
カイジに登場する巨大企業の罠のように、私たちから“合法的に”お金を奪う社会の仕組みについてお話ししています。

3章は、大きな変化をむかえている今の日本で、これから最も関心を集めるであろう“投資”について解説しました。
つまり、お金を“使う”ための知識です。
「老後の安心のためには1億円が必要」などと言われている超高齢化社会で、退職金を投資につぎ込み、破産する人が後を絶ちません。
自分の人生を“ギャンブル”にしないため、どういう知識が必要かをお話ししました。

4章は、正しくお金と付き合うために欠かせない「マネー思考」についてご紹介しています。
貨幣経済の仕組から逃れられない私たちにとっては、生涯、生活の基準となりうる考え方です。
そして最後に、経済学的視点で、カイジを救える方法を考えてみました。
カイジが戦った命がけのギャンブルから、私たちが学べることです。
お金で苦しんでいる人を本当に救えるものは何か。
「お金の本性を知らない」すべての人に捧げる1冊です。


【目次より】
序 章 ようこそ、クズのみなさま
第1章 給料が少ない……? 現実を見ろ!
第2章 金は、自分で守らねばならないのだ!
第3章 知らないやつは勝負の前に負けている!
第4章 圧倒的勝利を呼ぶ、マネー思考を身につけろ!
終 章 お金に振り回されないために、本当に必要な力

作品詳細情報

タイトル:
カイジ「命より重い!」お金の話
ジャンル:
ビジネス・経済経済経済
著者:
木暮太一
出版社:
サンマーク出版
掲載誌:
ファイルサイズ:
8.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2013-9-25 ]

 大人気漫画の主人公「カイジ」の行動を例にとりながら、お金について解説がなされる一冊。いやあ、面白かったし、勉強になったし、そして、怖かったし。

 まず第一に感じたこと。それは「借金って怖い!!利子って怖い!!」ということ。お金を借りて、返すための、知っているようで知らなかった知識がいっぱい書かれていた。

 カイジがこれまで経験してきた、限定じゃんけん勝負、ブレイブ・メン・ロード勝負、地下チンチロ勝負、パチンコ「沼」勝負。
 これらの華々しい(!?)歴史と共につづられるこのマネー解説本の最後に書かれる小暮さんの主張、それは「人を救うのは金ではない。仕事だ」ということ。そうか、なるほど。やはり、人間が社会で人と繋がっていくための楔は仕事なのか。
 そして、もうひとつ。「人生において大切なことは、致命的に負けないこと。そのためには、常に変化に対応できる人間であるべきである」とも書いてあった。なるほどなあ。
 
 私はカイジのことが大好きだけれど、できるだけ借金とは縁遠い人間でいたいと思う。お金のことを詳しく知って、自分で自分を守れるように、かしこくやわらかくありたいと思った。
 ざわ・・・ざわ・・・

同じ著者の作品