ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
一度も人を好きなったことのない、悪魔のような女の子

「妖精の姿をした800歳の魔女」
 ある客は、わたしを、そう形容した。
 わたしは3ヶ月前に高校を卒業したばかりの18歳。新宿丸井町のキャバクラ『ギャラクシー』のナンバー3。
 源氏名はサクラで、本名は本条もえ。でも、東京で、わたしの本名を知っているのは、店長と、幼馴染の百太郎だけ。
 基本、信じてもらえないけど、わたしは、まだ「恋」をしたことがない。キスらしきものはしたことはあるけど、男と寝たことは一度もない。誰かを好きになったこともないし、なりたいとも思わない。
 でも、そんなわたしの心に引いた一線を踏み越えてくる客がいた。通称「プーさん」。ハーヴァード大学で人工知能の研究・開発に携わる心理学の助教授。38歳。
 1本、200万円のドンペリ・プラチナを景品にして、わたしは彼と「賭け」をした。
 彼の家庭を壊せたら、わたしの勝ち。壊せなかったらわたしの負け。
 でも、その「賭け」には、タイムリミットがある。
 なぜなら、わたしは、ある「秘密」を抱えていたから……。

 悪魔のように男を惑わし、けれど、一度も人を好きなったことのない。そんな18歳のキャバ嬢の数奇な運命を描く、切なくも美しい、純潔のラブ・ストーリー。

●鈴木剛介(すずき・ごうすけ)
1969年、東京都生まれ。上智大学文学部哲学科卒。外資系広告代理店、築地魚河岸、特別養護老人ホーム介護員、カナダの乗馬クラブの馬糞掃除人などを経て、専業作家に。著書に、『THEANSWER』(角川書店)、『自殺同盟軍』(角川書店)、『デブになってしまった男の話』(求龍堂)、『人はなぜ生きるのか、答えよ!』(河出書房新社)、『真理男』(角川書店)、『ラブゲーム~キャバ嬢・ミトの恋戦(こいいくさ)~』(魔法のiらんど)、『星空の家』(パブー)。
タイトル:
涙の天使にさよならを
ジャンル:
小説ロマンス・恋愛小説恋愛小説
著者:
鈴木剛介
出版社:
アドレナライズ
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2014/02/22
ファイルサイズ:
1.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

おすすめ特集