ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

弱き者の生き方

五木寛之 ほか1名

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

おのれの悪を凝視し、絶望的体験の地底から恐るべき記憶と無類のユーモアを武器に、
日本人再生の希望を掘り起こす、迫真のライブトーク。

文学と考古学という各フィールドにおいて名声高き重鎮の二人。
しかし、彼らがこれまでの命がけで歩いてきた道のりを知れば、
人を「勝ち組」「負け組」などという言葉で片付けてしまうことが、いかに無意味なとこかがわかる。

「平和な時代に改めて戦争の話を持ち出しても野暮だと言われることを承知の上で」、
二人は重い記憶を掘り起こし、現代の私たちに問う。

年間3万人もの自殺者がいて、子殺し、親殺しが跋扈する。
戦争でもないのになぜ人の命はこんなにも軽くなってしまったのか。
人は誰もが本質的に弱い存在である。
だから自分も他人も大切にしよう、
一日一日を大事に生きようと一人一人が自覚して生きていく、
この自覚こそが「弱き者の生き方」なのだ。

弱き者の生き方【目次】

第1章 弱き者、汝の名は人間なり
 人は弱し、されど強し
 虎屋の羊羹、銀座のネオンで殴られる
 ジェノサイド(集団殺戮)そのものの東京大空襲
 生き地獄―戦友を蹴落として生き延びる
 悪を抱えて生きること
 語りえなかった引き揚げの真実

第2章 善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや
 極限状態で交錯する善と悪
 二度目の撃沈と敗戦
 涙の漫才修行―人生に無駄はない
 日本の植民地支配の爪あと
 語られない引揚者の悲劇―残留孤児と不法妊娠
 右へ左へ揺さぶられ続けるのが人生

第3章 心の貧しさと、ほんとうの豊かさ
 肉親の死を身近に感じる大切さ
 お金という魔物
 学内闘争でつるし上げられる
 わが青春の登呂遺跡発掘
 人は泣きながら生まれ、時に優しさに出あう
 経済的貧困と貧しさとの違い
 金では買えない「誇り」を抱いて

第4章 人身受け難し、いますでに受く
 人生の峠道でたたずむ
 人間性と謙虚さ―前田青邨先生の教え
 斜陽館での一夜―師匠と弟子の『人生劇場』
 赤線とドジョウすくい
 想像力の欠如と「心の教育」
 人間として生まれた奇跡と幸運
 なぜ人を殺してはいけないのか

第5章 人間は、ひとくきの葦である
 「負け組」などいない
 辛いことも直視する勇気をもちたい
 時には黙ってただ寄り添うことも大事
 潔癖すぎる現代社会
 だれにでもある不安やコンプレックス
 弱き者たちへ ―人は皆、それぞれの生を生きる

作品詳細情報

タイトル:
弱き者の生き方
ジャンル:
社会・政治・法律社会社会学
著者:
五木寛之大塚初重
出版社:
毎日新聞出版
掲載誌:
ファイルサイズ:
1.9MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

同じ著者の作品