ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

美しい森をつくる : 速水林業の技術・経営・思想

読み放題プラン:初回入会時30日間無料

読み放題プラン(総合コース)に入会して読む 購入して読む

作品情報

あらすじ

日本林業における技術・経営・思想において、その神髄を伝える必読の書。発刊に寄せて、内山節氏(哲学者)推薦の書です。

作品詳細情報

タイトル:
美しい森をつくる : 速水林業の技術・経営・思想
ジャンル:
サイエンス・テクノロジー環境・地学
著者:
速水勉
出版社:
日本林業調査会
掲載誌:
ファイルサイズ:
10.3MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2009-9-15 ]

林業経営の第一人者である筆者が、昭和30年代から現在に至るまで、林業関係の雑誌に掲載してきた文書をまとめた本。

終戦直後から現在まで、林業をとりまく状況は変化してきた。拡大造林の時代、外材の輸入が自由化されたものの国産材も高騰していた時代、その後の国産材の価格が急落した時代…

さらに筆者の持つ山がある三重県尾鷲地方では、火力発電所による公害、原子力発電所の建設計画、中部国際空港建設用の土砂を確保するための山地開発計画など、数々の危機が襲う。


先の見えない時代のなかで、筆者が暗中模索を繰り返しながらいかに森と向かい合って生きてきたか、筆者の息吹が感じられる。

林業は農業以上に大変なのだな。農業と違って補助金が支給されているわけでもないし、外材の輸入は自由化されているし。
それでも工夫を重ねることによって林業をなんとか成り立たせていこうとする筆者の姿勢に感動。

昔は不況になっても郷里に帰れば農業や林業でなんとか食べていけた。今はそれができなくなっているから失業の問題が深刻になっている。林業を復興させることによってなんとかしたい、というのが筆者の姿勢だそうだ。

おまけ。「クローン苗木」という言葉が面白かった。実はこれ、研究所で培養して作られたものではなく、ただの挿し木苗。確かに言い方によってはクローンだ。