ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

隠された貧困

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

生活保護受給者数217万人。その受給者の中には様々な背景をもつ生活困窮者がいる。児童福祉施設出身者、薬物依存者、高齢犯罪者、外国人貧困者、元ホームレス。貧困問題が取上げられる際にも決して語られることがなく、社会から「排除」された状態の人たち。生活保護を受けることで救われた彼らがどのように生きてきて、現在、何を感じているのか。そして、彼らを社会に戻していくためには、どうすればよいのか。社会福祉のエキスパートが厳しい立場に置かれた人たちの支援の現場をルポする。

作品詳細情報

タイトル:
隠された貧困
ジャンル:
社会・政治・法律政治
著者:
大山典宏
出版社:
扶桑社
掲載誌:
ファイルサイズ:
8.2MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2015-1-3 ]

アマゾンの1-Clickで間違って買ってしまったのだが、結果的には購入して正解だった。
貧困家庭の子供たち、高齢犯罪者、薬物依存者、ホームレスなど、普段の生活では接点がない人たち(自分たちが意識的に見ていない人たち)の過酷な現状が赤裸々に綴られている。
それにしても生活保護というのは非常に難しいものだ。『無差別・平等』主義で、貧困に陥った経緯や原因を問わない(ただし在留資格を持たない外国人は対象外というのは初めて知った)。我々納税者からすると、自業自得的な人たちに対し、どうしてもそのモラルハザードを受け入れられない部分が残る。利用者も高い倫理観を持ち、できるだけ自活しようと努力する人もいれば、某タレント母のように『もらい得』みたいな考えの人まで様々だ。こういう状況をすべて理解したうえで、著者が『無差別・平等』主義の制度は社会にとって必要だと言う境地に達したのは、それなりに合理的な判断なのだろう。
生活保護までは至らなかったが、自分も貧困家庭で育った。幸いにして親の代から社会階層を2段階くらい上がることができたが、少なくとも子供の貧困対策だけは最優先に予算を投入して、貧困の連鎖が起きないようにするべきだ。生まれた時から何一つ苦労を知らずに育った2世・3世の政界のお坊ちゃま、お嬢様方に期待するのはお門違いか。

同じ著者の作品