ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
「雨に降られた」はよくて「財布に落ちられた」がおかしいのは、なぜ? 「西村さんが公園の猫に話しかけてきた」の違和感の正体は? 認知言語学という新しい学問の奥深い魅力に目覚めた哲学者が、専門家に難問奇問を突きつける。豊富な例文を用いた痛快な議論がくり返されるなかで、次第に明らかになる認知言語学の核心。本書は、日々慣れ親しんだ日本語が揺さぶられる、“知的探検”の生きた記録である。
タイトル:
言語学の教室 哲学者と学ぶ認知言語学
ジャンル:
心理・思想・歴史言語・文化国語学
著者:
野矢茂樹西村義樹
出版社:
中央公論新社
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2015/03/20
書籍発売日:
2013/06/25
ファイルサイズ:
2.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード