ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

絶対やってはいけない! 負ける面接100

読み放題プラン:初回登録時30日間無料

読み放題プランに入会して読む 購入して読む

作品情報

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

●内容紹介
就活に勝つための面接術は個人のキャラクターによるところも多く、明快にこれだという答えは出しづらいが、これとは逆に負ける面接術はいくつかのパターンに分類できる。
 本書は、内定請負人の異名をとる就職ジャーナリストの常見陽平氏が、大学生の就職指導と自身の採用担当としての経験から導き出した「負ける面接術」。つまり、就活のプロが「こんなことしたら、絶対無い内定」と太鼓判を押す、真逆の面接術である。年間7000人の就活生に接している著者が、負け続ける面接のバカヤローたちに共通するルールを100選び出した。
●著者紹介
常見陽平(つねみようへい) 就職ジャーナリスト。株式会社リクルートをへて大手メーカーの採用担当となり、その後株式会社クオリティ・オブ・ライフに参加、現在に至っている。2010年度より実践女子大学非常勤講師に就任、新たに導入されたキャリア教育科目を担当する。主な著書に『就活のバカヤロー』(石渡嶺司との共著)『就活格差』『就職難民にならないための大学生活30のルール』など。

作品詳細情報

タイトル:
絶対やってはいけない! 負ける面接100
ジャンル:
ビジネス・経済就職・転職・起業開業・転職
著者:
常見陽平
出版社:
マガジンハウス
掲載誌:
ファイルサイズ:
120MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2016-2-13 ]

面接でやってしまいそうなことを、面接官の立場で書いた本。こんなヤツいるよねっていう語り口なので、面白く読みやすい。私自身の面接対策として読んだが面接官の気持ちに共感できると同時に受ける立場としてはやってしまう気持ちもわかる。事実自分にも当てはまるところも幾つかありました。面接はコミュニケーションといいながらやはりかなり特殊な環境。わかってても変なことを言ってしまうこともある。練習が大事だけどそんなに練習できるものでもない。こういった本を繰り返し読みイメージトレーニングするしかないのかなあと感じました。

同じ著者の作品