ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

シャーロック・ホームズの冒険

価格:610(税抜)
※この作品はPCサイトでは再生できません。スマートフォンアプリからご利用ください。

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

ロンドンにまき起る奇怪な事件を追って神出鬼没する名探偵シャーロック・ホームズは、その怜悧な推理と魅力的な個性で読者を魅了する。近代探偵小説を確立したホームズ物語の第一短編集。赤毛の男が加入した奇妙な組合のからくりを追う「赤髪組合」、乞食を三日やったらやめられない話「唇の捩れた男」など10編。意表をつく事件の展開、軽妙なユーモアがあふれる作品集である。

作品詳細情報

タイトル:
シャーロック・ホームズの冒険
ジャンル:
小説海外小説一般
著者:
コナン・ドイル延原謙
出版社:
新潮社
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.6MB
配信方式:
ダウンロード

作品レビュー

[ 2017-9-17 ]

(ホームズ)「あんまり忙しくて,食べることを忘れていたが,今晩はもっと忙しくなりそうだ。ところで,君に助太刀を頼みたいんだがね」
(ワトソン)「喜んで手つだうよ」
「法律にふれてもかい」
「ちっともかまわない」
「捕まるかもしれないよ」
「理由さえ悪くなきゃ,平気さ」
「理由は立派にたつんだ」
「そんなら何でも君のいうとおりにするよ」
「君ならきっと,やってくれると思ったんだ」
【『ボヘミアの醜聞』より】

ホームズとワトソン,互いに信用し合う二人の関係が微笑ましい。
本作に収録されている10の短編を通して,彼らの絆がより深まったことが読んで取れる。

天才とは孤独な存在なのだと思う。
あまりに先進的な自分の考え方は他人に理解されない。故にその行動も奇怪な目で見られる。
天才自身も他人からの理解を求めていない。自分のやりたいことをただやるだけ。
そんなとき,自分に興味を持って歩み寄ってくれる友人がいればどれだけ有難いことか。
理解はされなくとも,理解しようとしてくれるだけでどれだけ救われることか。
ワトソンの存在はホームズにとってかけがえのない友人であり,また読者とホームズを繋いでくれる架け橋なのである。

(ワトソン)「君は人類にとって恩人だよ」
ホームズは肩をすくめた。「うん,なアに,その,ほんの少しは役に立っているかねえ。(略)」
【『赤髪組合』より】

頭脳明晰,バイオリンはプロ並み,役者なみの変装術を得意とするホームズでも,この友人からの褒め言葉には照れを隠しきれない。

同じ著者の作品