ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

自分を生きる学校-いま芽吹く日本のデモクラティック・スクール-

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

デモクラティック・スクールは、子ども達が、気まま勝手になにかできるというわけではなく、自分のやりたいことを自分の頭で考え、それに責任を持つ場所です。
親自身が子どもの将来だけでなく、自分の人生を信頼することを学ぶスクールでもあるのです。(「出版によせて」より)
作家 本田 健
フリースクールの中でも、子どもの1票によってカリキュラムや運営にいたるまですべての決定を行っていくデモクラティック・スクール。1968年のアメリカでの創設から40年が経過し、自分の意志で学びを創造していく卒業生は、現在社会で幅広く活躍しています。

作品詳細情報

タイトル:
自分を生きる学校-いま芽吹く日本のデモクラティック・スクール-
ジャンル:
趣味アート・デザイン美術総合
著者:
デモクラティック・スクールを考える会
出版社:
アットマーククリエイト
掲載誌:
ファイルサイズ:
39.3MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2011-12-12 ]

40年間にボストンで誕生したサドベリーバレースクールに始まり、その後この精神を受け継いだ学校が世界中にできた。
日本にも1997年に「宙・そら」「まっくろくろすけ」「フリープレイスなわて」の三カ所できた。
残念ながら日本政府公認の卒業証明がなく、行きもしない公立学校の名前でしかでないけれど、義務に縛られることなく自分らしい選択肢が増えた。
それ以前にもフリースクールと言う場所が、有志によってつくられていたけれど、一歩進んで子供が運営の中心になって親とつながり教師を選んでいくと言う多数決による民主主義を実践しようとしている。

憲法にも違反する強制的に義務化された洗脳教育が進めば進むほど、落ちこぼれと差別で労働ロボットに成りきれない子供達が増えている。
そうして居場所を失った個性ある彼らが、自分を発揮できて成長できる場として始まった東京シューレのようなフイースクールができた。
更に一歩踏み出し参加者すべてで自主運営しながら模擬社会を実践する方向へと発展して、デモクラティックスクールが世界に増えてきた。
そこには英国のサマーヒルなどが模索し続けてきた歴史がある。

義務教育が国家による国民に対する義務だと誤解されているけれど、実は国民が国家の指示に従う強制的なものだと言うことである。