ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

山本七平のイエス伝――なぜイエスの名はこれほどにまで残ったのか

山本七平

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

■イエスの生涯をトピックごとにわかりやすく解説
イエス・キリストは短い期間に、何かを言い、何かを行い、そして処刑されて人の世を去った。イエスの名は急速に忘れられ、消え去って不思議ではなかったのに、なぜイエスの名はこれほどにまで残ったのか。

「誕生」「闘争」「最後の晩餐」「裁判」「十字架」「復活」など、イエスの生涯の重要トピックごとに、山本七平がキリスト教をやさしく解説します。

・イエスが生まれ育った当時の社会がどのようなものだったか、
・イエスは何と闘ったのか、イエスにとってパリサイ人とは何だったのか。
・イエスはなぜ、どのように処刑されたのか。
・そして、なぜ「復活」がなければキリスト教はあり得なかったのか。

【著者略歴】
山本七平(やまもと・しちへい)
評論家。ベストセラー『日本人とユダヤ人』を始め、「日本人論」に関して大きな影響を読書界に与えている。1921年生まれ。1942年青山学院高商部卒。砲兵少尉としてマニラで戦い補虜となる。戦後、山本書店を設立し、聖書、ユダヤ系の翻訳出版に携わる。1970年『日本人とユダヤ人』が300万部のベストセラーに。日本文化と社会を批判的に分析していく独自の論考は「山本学」と称され、日本文化論の基本文献としていまなお広く読まれている。1991年没(69歳)。

作品詳細情報

タイトル:
山本七平のイエス伝――なぜイエスの名はこれほどにまで残ったのか
ジャンル:
心理・思想・歴史宗教宗教・キリスト教
著者:
山本七平
出版社:
パンダ・パブリッシング
掲載誌:
ファイルサイズ:
31.2MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

同じ著者の作品