ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

最後の医者は桜を見上げて君を想う

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

続々重版、25万部突破!本読み書店員が選ぶ「感動小説」第1位!
自分の余命を知った時、あなたならどうしますか?
死を肯定する医者×生に賭ける医者
対立する二人の医者と患者の最後の日々――
衝撃と感動の医療ドラマ!

あなたの余命は半年です――ある病院で、医者・桐子は患者にそう告げた。死神と呼ばれる彼は、「死」を受け入れ、残りの日々を大切に生きる道もあると説く。だが、副院長・福原は奇跡を信じ最後まで「生」を諦めない。対立する二人が限られた時間の中で挑む戦いの結末とは? 究極の選択を前に、患者たちは何を決断できるのか? それぞれの生き様を通して描かれる、眩いほどの人生の光。息を呑む衝撃と感動の医療ドラマ誕生!
【文庫書き下ろし】

<全国の書店員様からのおすすめコメント>

とてもとても重い作品で、死ぬ事について何度も何度も考えさせられました。その中で最後の最後に一粒だけ用意されていた小さな希望に私は自然に涙を流していました。
(TSUTAYA 三軒茶屋店 栗俣様)

「あなたは大切な人の余命を知った時、どうしますか?」対立する2人の医者を通して命の重さを考えさせられました。
(紀伊國屋書店 新宿本店 宮本様)

医者達が織りなす「生」についての物語は考えさせられる部分が多く、ラストは涙が止まりませんでした。
(オリオン書房 ノルテ店 澤村様)

著者の集大成的なこの作品は涙がこぼれる場面が多々ありますので通勤・通学中に読まれる場合はご注意ください。
(福岡金文堂 姪浜南店 林田様)

医師達の「本気」が文字から浮かびあがってくるようでした。彼らは本当に、強い。人間賛歌とはこのような作品のことを指すのではないでしょうか。
(宮脇書店 本店 藤村様)

死の恐怖が安らぎと受容に変わったとき、本当に生きる意味とは何なのか、迷いながらも最後まで戦い抜いた患者、医師達に涙があふれました。
(伊吉書院 類家店 上道様)

「死」を透かして見えてくる「生きる」ことの真の意味。死が怖れから安らぎに変わる瞬間をあなたは知るでしょう。
(東郷倶楽部 代表 医師 東郷清児)

作品詳細情報

タイトル:
最後の医者は桜を見上げて君を想う
ジャンル:
文学・詩集日本文学
著者:
二宮敦人syo5
出版社:
TOブックス
掲載誌:
ファイルサイズ:
2.9MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2017-2-22 ]

文庫書き下ろし

 日本では、一日でも延命するのが正しい医療だとされる。
 医学部の同期生で同じ病院に勤めた3人の医師がそれに対して三様の考え方をする。

 若くして副院長になった福原は、患者の意向を曲げてでも情熱を傾けて治療に全力を尽くす。第1章の白血病になった会社員は、これから生まれてくる子供のために生きようとしてわずかな望みにかけて、病と闘い壮絶な死を迎える。

 「死神」と陰口をきかれる桐子は、死期を迎える患者に対して、無理な延命治療より死を受け入れて、最後を自分らしく生きるよう勧める。

 迷う音山は、第2章で医学に入ったばかりでALSを発症した女子学生を担当し、時間を割いて在宅診療を続け、迷っていることを率直に告げるが、女子学生はかえって延命を望まず「医者になれなかった自分が死んでいくことをみんながつらく感じて、ALSを克服する治療を進めて欲しい」と思う。

 第3章は、音山にステージ3の喉頭癌が見つかり遠隔転移も認められて、手術による全摘手術ができなくなる。音山は育ててくれた余命わずかな祖母と電話し続けるために声を失う延命治療を拒み、声を出すための手術を福原と桐子に頼む。

 重い問題提起だった。自分ならQOLを大切にして延命血用はしたくないが、自分の子供だったら生き延びられる可能性を求めるだろう。桐子が音山の死を前に悩んだように。

同じ著者の作品