ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
道具としての詩。

プランナーである著者が、仕事の中で書いた「仕事詩」、
父親として書いた「子育て詩」、亡き友人のために書いた「追悼詩」。
コピーのようでそうでもなく、自己表現でもない、
何かのための「道具としての詩」を集めた詩集。

本文より


予 感

予感をデザインしよう
それは未来の予行演習
わくわくするもののあるほうへ
まだ見ぬ誰かと門をくぐること
そのときめき
その匂い

予感をデザインしよう
それは街の操縦訓練
新しい季節の魔法に人が華やぐ
それをあなたが仕組むこと
その誘惑
その匂い

予感をデザインしよう
それは心の反応検査
階段をかけのぼるうれしさを
指差確認するような朝のひと言
その確かさ
その匂い



詩 人

すぐに書ける
まねでもいいじゃない
通り過ぎる言葉の
袖口をちょっと引っ張ればいいのさ

かどで待ち伏せしてたら
うしろから肩をたたかれるよ
怖い言葉たちに

そしたら道をあけてやりなさい
あふれるように
ことばが躍り出て
風景は変わる

詩人は
はじめてのおつかいから
帰ってこなかった子だ



ネ オ テ ニ ー

全体と部分
その
スペクトラム

全体のない部分
は全体

声のない舌
目のない光
言葉のない意味

部分が
完成する

星のように

おとなのないこども
雑踏の時間が
素通りしていく
まちぼうけのこども
タイトル:
エアリアル
ジャンル:
文学・詩集詩・短歌・俳句詩・詩集
著者:
松田朋春
出版社:
ポエムピース
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2017/08/25
書籍発売日:
2016/05/15
ファイルサイズ:
0.4MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

この作品の関連テーマタグ