ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

儲かる「西出式」農法

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

誰にもできる方法が日本の「農と食」を救う!

能登の農家・西出隆一さんは「微生物農法」を実践する土づくり・野菜づくりの名人。西出式農法のキーワードは「おいしい・多収量・高品質」――

土づくりには惜しみなくお金をかけて、徹底してよい土をつくり、そこから「おいしく」、病虫害が少ない「高品質」な野菜をつくる。そうした野菜を大量に生産できる土ができているため「多収量」で「儲かる農業」が実現できるのだ。おいしくて安心して食べられる野菜を、たくさん収穫して儲かる農業を実践してきた、すごい農家のすごい農法とは!?

作品詳細情報

タイトル:
儲かる「西出式」農法
ジャンル:
サイエンス・テクノロジー農業・農学
著者:
手島奈緒
出版社:
さくら舎
掲載誌:
ファイルサイズ:
15.6MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2016-12-18 ]

久しぶりに農業にカんする本を読むことができた。

著者は同業他社で仕事をなさっていた方で、お仕事をなさっていたときに一度お目にかかったこととがある。

つい最近再開したときに、この本をお書きになったことを教えて頂き、送っていただいた。

内容は青果物の流通業界にいて、仕入に携わってきた人間ならほとんどの人間が感じていることで、多くの人に伝えてきたいことであろう。

どの業界でもそうだと思うが、健全な仕事(経営)とはどのようなものであるのか?

農業であれば、しっかりとした土を作り、作物の生育を管理、収穫していく。どこに投資を行い、いつ回収を行っていくのかを考える。

闇雲に土作りと勘違いをして、肥料を入れるのではなく、必要な分だけ、肥料を入れ、時には思ってもいない量が必要になるときもあるが、それをどのように分散して投資していくのかを考え、回収計画を合わせて考えていく。

極めて絵単純であるが、なかなかできないことである。

それらの事例を、わかりやすく書いてある。

この本を読むと、今多くのメディアが報道している、日本の農業について、違う側面から考えることができてくると思う。

同じ著者の作品