ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

語彙力がないまま社会人になってしまった人へ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

■社会人としてのレベルは「語彙力」で測られる現実がある

稚拙な表現や、思慮の浅そうな表現をしたり、
自分の中にある語彙の量が不足していれば、
社会人としてのレベルを低く見積もられてしまいます。

仕事の力量があるかないかということ以前に、
言葉の理解力や、使う言葉といった語彙力で
ある程度あなたの評価が決まってしまうということです。

本書では、社会人としての評価を上げ、
キャリア形成でつまずかない、軽く扱われないための
「できる人が物事を理解するために押さえている語彙」
「知性と教養を感じさせる語彙」をご紹介しました。

■知性と教養は話のはしばしに表れる

「代替案を考えます」というのを、
「だいがえあんを考えます」と言ってしまえば、
知性を疑われ、仕事相手は不安になってしまいます。

言語のスペシャリストであるノーマン・ルイスは
名著『Word Power Made Easy(語彙力を身につけるのは簡単だ)』で、
本書で学習すれば、「自信を持って話し、書けるようになる」
「効率のいい効果的な言葉の読み方が身につく」
「理解が早くなる」「交際範囲が広がる」「収入アップにつながる」
といったことを述べています。

■「最低限知っておけばいい51語」をおもしろく身につけよう!

本書では、「この人、できる!」と思われる語彙を
成り立ちや歴史から、おもしろく身につくよう書きました。
就職活動をしている学生から、新入社員、ベテラン社員、
経営陣の人々まで、役立つ内容を心がけました。

ぜひ、一語でも身につけて、使いこなしてみてください。

作品詳細情報

タイトル:
語彙力がないまま社会人になってしまった人へ
ジャンル:
ビジネス・経済仕事の技術・スキルアップビジネス教養
著者:
山口謠司
出版社:
ワニブックス
掲載誌:
ファイルサイズ:
2.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-12-30 ]

社会人としての評価を上げ、軽く扱われないための語彙力の磨き方を紹介した本です。
日常生活で語彙を増やすコツは新聞を読むこと、と言ってますが、少し疑問です。

相対的(そうたいてき)、代替(だいたい)、乖離(かいり)、忖度(そんたく)、拝承(はいしょう)、概ね(おおむね)、的を射る(まとをいる)、尽力(じんりょく)、汎用(はんよう)、コモディティ、機知に富む(きちにとむ)… などの51語が掲載されてます。


「順次」という言葉は、「順番に次々に」
「逐次」という言葉は、「次から次に」
「随時」という言葉は、「そのときの条件に従って」

同じ著者の作品