ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

なぜ僕たちは金融街の人びとを嫌うのか?

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

【糸井重里 × ヨリス・ライエンダイク 対談収録!】
ほぼ日刊イトイ新聞「ゼロからはじめるジャーナリズム」



「毎日、法に触れることを目にするよ」
「別にいいんだ。自分のカネじゃないし、ってね」

「最も影響力のある国際ジャーナリスト」が
ロンドンの金融街で働く200人以上にインタビュー。
一面的にしか語られてこなかった金融業界の
人間模様を描いた傑作ノンフィクション!


オランダで30万部のベストセラーを記録!
Financial Times、The Atantic、GQ、Telegraphが激賞し
オランダの市民が投票する「NS Public Book of the Year 2015」受賞、
イギリスThe Evening Standardの「Best Books of 2015」選出!

作品詳細情報

タイトル:
なぜ僕たちは金融街の人びとを嫌うのか?
ジャンル:
実用教養一般教養
著者:
関美和ヨリス・ライエンダイク
出版社:
英治出版
掲載誌:
ファイルサイズ:
5.7MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-1-26 ]

オランダのジャーナリストによる、ロンドンの金融街シティに勤める人々へのインタビューを通じて、なぜ金融危機(2008年のリーマン・ショック)は起きたのか?悪辣なヤカラが巣くったせいじゃないのか?という疑問を検証しにかかるルポ。
興味深いのは、著者が金融のプロフェッショナルではなく、この件に携わる中で徐々に知識を深めていくということ。読み手も共に詳しくなっていく、という構成の妙を感じました。

最終的に著者は、シティに巣くう人種をいくつかのタイプに分類して、最も悪者に近いタイプを挙げはするものの、「金融の世界は悪意を持って悪いことに手を染める人間の集まりじゃなくて、正しいか正しくないかを自問せずシステムに従うだけの人たちの集まりだ」と述べます。
インタビューでも、「倫理に背くような傾向がシステムに埋め込まれてる」というコメントがあって、要は現在の金融システムはリーマン・ショックから何も学んでいないということに。。
その解決策…と言うほどではないか、対策として著者が挙げたものは、まぁそうだよねぇ、と肯けなくはないものでしたが、どうにも決め手に欠ける感もありました。でもそれが、きっと現実なのでしょう。

翻訳のクオリティも高く(パッと見、あれっ?っていう訳はなし)、随分優秀な編集さんがついているのか、邦題は原題よりもむしろ本著の性質を言い当てているような印象+著者と糸井重里氏の対談まで収録されていて、これも結構面白かったです。

金融システムを理解する、という本では全くないのですが、少しずつ金融人を理解していく、というプロセスには尊敬の念を抱きました。

同じ著者の作品