ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

ヒトの遺伝子改変はどこまで許されるのか ゲノム編集の光と影

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
ゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」は、これまでの技術とは比較にならないほど正確かつ自在にDNAを操作することが可能となった。
農業、畜産など様々な分野での利用が期待されているが、とりわけ注目すべきは医療分野だ。
ゲノム編集が「ヒトの受精卵」の遺伝子改変に利用されるという、かつてない状況のなかで、われわれは「生命」「家族」をどう捉えるべきか。
本書ではゲノム編集の可能性と課題を浮き彫りにする。
タイトル:
ヒトの遺伝子改変はどこまで許されるのか ゲノム編集の光と影
ジャンル:
サイエンス・テクノロジー生物・バイオテクノロジー
著者:
石井哲也
出版社:
イースト・プレス
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2017/04/13
書籍発売日:
2017/01/20
ファイルサイズ:
4.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード