ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる

千田琢哉
(104)

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

劇的に先行きの見えなくなった今の社会。キャリア、収入に対する不安はつのる一方。勉強しないと、他人にこき使われる貧乏人になります。

しかし、学生時代の勉強も、大半の国家資格も、実は“人に使われる”ための勉強であったことに気づいていますか。
一流企業に入社しても、難関資格を取得しても、社長や依頼主などから言われるとおり、黙々と仕事をこなさなければならないのです。

それでは、キャリア、収入に対する不安は、いつまで経っても解消されません。自分が思い描いた通りの人生を歩むには、どんな勉強をすればよいのでしょうか。

本書は、そんな不安をもつ20代に向けた、自分の力を伸ばすための「大人の勉強法」を紹介したものです。

「年収を上げるには残業よりも勉強」
「尊敬する人、好きな人の本棚を見せてもらう」
「同性で群れない」
「仕事の内容ではなく、仕事をしている人を観る」
「あえて転職活動してみる」

カリスマコンサルタントとして、1,000人以上の20代と対話してきた著者独自の視点による80の学び方・気づき方を、仕事、人間関係、組織、時間、お金などの項目ごと、すぐに実行に移せる方法とともに、鋭く解説しています。

日本の経済・社会・働き方が大きくシフトしている現在、自分の限界を突破し、何が起きても自由な人生を送れるよう、本格的に自身のキャリアと成長戦略に向き合う20代ビジネスパーソンにおすすめしたい一冊です。

作品詳細情報

タイトル:
20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる
ジャンル:
ビジネス・経済仕事の技術・スキルアップ自己啓発
著者:
千田琢哉
出版社:
日本実業出版社
掲載誌:
ファイルサイズ:
1.2MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2015-12-27 ]

・お金持ちになりたかったら,残業より勉強。→ルーティンワークの社内チャンピオンになる
・結局,人間の研究に行きつく。→出会う人すべてを先生として「観察」する
・熱意とは,圧倒的スピードのことである。→どんな仕事も即時処理を心がける
・「出世したら,たいへん」は真っ赤な嘘。→好きなことをするために,堂々と出世を目指す
・15分前行動を習慣にする。→いつも1分遅刻する人は,偶然ではないと知る
・ネガティブな返事こそ早く返す→返事の可否よりも返答のスピードが重要
・複数のスケジュールを提示されたら一番早い日時にする→初日を指定できないのは熱意がない証
・中途半端な時期からスタートできる人が成功する→できる人はいつも今がベストタイミング
・松竹梅で竹を選ばない
・その人のお金の使い方は,時間の使い方と同じ→お金と時間のルーズさの根っこは同じ
・101個目からがお金になるアイディア→アイディアの質は圧倒的な量から生まれる。
・貧しい人ほどモノに埋もれている
 一日触れなかったものは机の上に置いておく必要はない
 一か月触れなかったものは机の中に入れておく必要はない
 1年触れなかったものは保存の必要もない
・最初の3か月以内のヒットに全力を傾ける
 9か月以内にツーベースヒット
 1年以内にソロホームラン
 2年以内に満塁ホームラン

同じ著者の作品