ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

政治と宗教のしくみがよくわかる本―入門編―文化(考え方や価値観)のベースに宗教がある

読み放題プラン:初回入会時30日間無料

読み放題プラン(総合コース)に入会して読む 購入して読む

作品情報

あらすじ

世のタブーといえば「政治」と「宗教」
なぜ!? 対立は生まれるのか?

グローバル化につきものの異文化コミュニケーションにおいて、
大人の常識として必須の「政治」と「宗教」の知識を、
元キャリア官僚で政治評論家の著者がわかりやすく解説した1冊です。

◎日本図書館協会選定図書


話題のタブーとされがちな「政治」と「宗教」だからといって、
あなたが知らなさすぎるのが心配です。
困ったことになる前にぜひ読んでおいてほしい、
元キャリア官僚作家が書いた「大人の常識」


例えば、皆さんはこういうことを知っていましたか?

・宗教団体は勝手に作れます

・戒名は勝手につけることができます。あなたの戒名の付け方

・大僧正や阿闍梨は、勝手に名乗れます

・昔はイスラム教国でもユダヤ教とキリスト教が共存できました

・神父になるのは、一定の勉強が必要ですが、牧師は勝手になれます

・政治家とのツーショット写真の撮影方法

・人間はイメージや肩書きに騙されます

・大寺院も破産したら乗っ取られることがあります

・祈ったら英単語が出てくることはありません

・大学には過激派や新宗教のダミーサークルがあります……etc.


国際化で政教分離が世界各国で、進んではいますが、
文化(考え方や価値観)のベースに宗教があるのです。

身近な話題(社会のしくみ)と、世界と日本を知るのに必要な大きな話題(宗教、政治)の
両方を織り交ぜながら、読んでいただけるように工夫して執筆しました。


●多くの読者の謎
・生前戒名
・在家得度
・お墓
・戒名
・葬式
といった日本の宗教界のしくみについても解説しました。

【釈迦の教えには、お墓も戒名も葬儀もありません。そもそもあの世の話を釈迦はほとんどしていない】

社会のしくみを理解するために、歴史や宗教、法律、心理学等の基礎的な知識も書きました。
お気軽に楽しんでお読みください。



■目次

●第1章 よくわかる宗教のしくみ

●第2章 よくわかる世の中のしくみ―○○信仰

●第3章 よくわかる政治と社会のしくみ

●第4章 よくわかる宗教と自己啓発セミナーの元ネタのしくみ

■著者 林雄介

作品詳細情報

タイトル:
政治と宗教のしくみがよくわかる本―入門編―文化(考え方や価値観)のベースに宗教がある
ジャンル:
心理・思想・歴史心理学社会心理
著者:
林雄介
出版社:
マガジンランド
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2013-9-12 ]

 著者の引き出しの多さ、知識の深さが伝わってくる1冊。特に宗教周りは小ネタも挟みつつ、多くの“読ませる”箇所が含まれている。P72からの「新宗教と呼ばれるもの」の章は秀逸で、いろんな断片的な知識が一気につながった。
「ほとんどの新宗教の元ネタは大本(出口王仁三郎)と吉田兼倶です!」とは納得。宗教弾圧の熾烈さからしても、昔は、相当影響力が大きい教団だったんだろうな。
 出口王仁三郎は、合気道の創始者、植芝盛平とも関係が深かったと別の本で読んだことあるし、相当な説得力があったか、精緻な理論構築をしてたんだろうね。本書でも折に触れて原典にあたることの意義を説いているので、“新宗教のタネ本”を読んでみたいものだ。
 読みやすくて、いい本なんだけど、惜しむらくはちょいと散漫な本になっちゃってること。
 宗教編と政治編と世の中のしくみ編とか、2〜3冊の本に分割しちゃった方がより面白い本になったんじゃないかなぁと。それだけの力量のある著者ですな。