ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
◆全句集
火を焚くや枯野の沖を誰か過ぐ
「真の伝統作家というものは明日への創造をなし得る人であって、明日の方策のないものは真の伝統作家とは呼べない。」とみずからが語ったように、能村登四郎は伝統というものの意味を常に問い続けた作家であった。90歳の生涯を終えるその時まで詩の泉は枯渇することなく「俳句は叙情詩」の信念を貫いた。
解題・年譜 能村研三
既刊14句集に海外詠を加えた6516句を収録。


◆収録内容
第一句集 『定本・咀嚼音』
第二句集 『定本・合掌部落』
第三句集 『定本・枯野の沖』
第四句集 『民話』
第五句集 『幻山水』
第六句集 『有為の山』
第七句集 『冬の音楽』
第八句集 『天上華』
第九句集 『寒九』
第十句集 『菊塵』
第十一句集 『長嘯』
第十二句集 『易水』
第十三句集 『芒種』
第十四句集 『羽化』
海外詠 『欧州紀行』より
解題/年譜 能村研三
初句索引
タイトル:
能村登四郎全句集
ジャンル:
文学・詩集詩・短歌・俳句短歌・俳句
著者:
能村研三
出版社:
ふらんす堂
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2017/09/22
書籍発売日:
2010/09/24
ファイルサイズ:
9MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

この作品の関連テーマタグ