ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

いま決めなければ生き残れない!
信長、秀吉、家康、元就、光秀……。彼らはそのとき、何を考えていたのか

やわらかな語り口で最新研究を紹介しながら、
通説にも疑問符!
歴史家による実情の読み解きで、 真実の日本史が見えてくる。

《過去に生きる人の意識をつかまえるのはきわめて難しい。(中略)あるときはぼくたちの常識がじゃまになる。でもあるときは常識を活用して史料の読解に当たらねばならない。そうした矛盾を止揚しながら考えを進めていく。要はバランス。バランスが大事なのです。》
(「まえがき」より)

東京大学史料編纂所の教授を務める著者が自らセレクト、解説を施した戦国武将たちの肖像画など、画像64枚を一挙収録。

【主な内容】
まえがき 史料とのつきあいはバランスが大事
第1章 あの兵力差で信長は本当に桶狭間を戦ったか
第2章 「天下統一」という新概念はどう生まれたか
第3章 部下・光秀が「本能寺」を決めた出来事
第4章 「戦国最強の武将」は誰か
第5章 武将たちが残した人生哲学
第6章 執権北条氏、粛清政治の手法――戦国前夜(1)
第7章 「大義名分」がない中世武士の感覚――戦国前夜(2)
第8章 利休は強欲だから秀吉に殺されたのか
第9章 「利休七哲」と徳川大奥
第10章 武将の名から人間関係が見える
第11章 家康と「信康切腹」と「長篠」

作品詳細情報

タイトル:
戦国武将の選択
ジャンル:
心理・思想・歴史歴史・地理日本史
著者:
本郷和人
出版社:
産経新聞出版
掲載誌:
ファイルサイズ:
30.6MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2015-8-20 ]

新聞連載の一話読み切りを集めたものだから、中世から近世にかけての断片的な考察が薄っぺらい。マイナーな武将や奥方の章だと、それなりの歴史家でないとついていけない内容だし。わずかなスペースに盛られたユーモアも、ときに空振り。これはロックやAKBに興味がない、読み手としての自分の問題か。小説以上に逞しすぎる著者の妄想より、武将の名の分析なんてのが有り難かった。家名、役職名、かばね(姓)、いみな、通称についての解説はためになる。成り上がりの武将が自ら築いていった氏素性が解き明かされる。著者の講義は面白そうだ。

同じ著者の作品