ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

オリンピックと万博 ──巨大イベントのデザイン史

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
2020年東京オリンピックの、メインスタジアムやエンブレムのコンペをめぐる混乱。それは、巨大イベントの開催意義について再考を迫る契機となった。そもそもオリンピックとデザインは、密接な関係にある。1964年東京オリンピックでは、日本のデザイン界が総力を結集し、各分野が連携を図り、統率のとれたデザインポリシーが展開された。その延長上に、1970年大阪万博でもデザインポリシーは発揮されることになる。本書では、戦後に「デザイン」という概念が定着していく過程から説き起こし、五輪と万博という巨大国家プロジェクトのデザインと、そこに貢献した丹下健三、亀倉雄策らの群像を追う。
タイトル:
オリンピックと万博 ──巨大イベントのデザイン史
ジャンル:
趣味アート・デザインデザイン
著者:
暮沢剛巳
出版社:
筑摩書房
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2018/02/23
書籍発売日:
2018/02/10
ファイルサイズ:
17.6MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

この作品の関連テーマタグ