ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

習慣の力 The Power of Habit

通常価格:920円 → 値引き価格:644円
4/26 0:00まで

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

私たちは自分の意志で行動を決めていると思っているが、実はそうではない。人間の全行動の4割は「習慣」、つまり脳で考えることなく、無意識に身体を動かしているのである。したがって、この習慣のメカニズムを知ることで「良い習慣」を増やし、「悪い習慣」を減らすことができれば、人生は知らず知らずのうちに好転していくのだという。豊富な事例を挙げながら、知られざる「習慣」のメカニズムについて詳述した全米ベストセラー

作品詳細情報

タイトル:
習慣の力 The Power of Habit
ジャンル:
実用教養ドキュメンタリー
著者:
渡会圭子チャールズ・デュヒッグ
出版社:
講談社
掲載誌:
ファイルサイズ:
2.9MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-2-17 ]

【習慣のループ】
きっかけ→ルーチン→報酬が結びつき、その後、欲求が生まれてループを作動させる。

習慣を変えるには、自分にその行為をさせている欲求を分析することが重要なのだ。
また、最後は信じる力の重要性がキーになってくるのだと感じた。あらゆるストレスや困難にも対処するためにはやり切れることを信じるのだ。信じ切ることができないと過去の有害な習慣に流されるのが人間。

論点とは関係ないが、1973年までホモセクシュアリティが精神疾患とされていたことには驚いた。

物事に挑戦するうえで、やめたいという気持ちが一番強くなる瞬間「転換点」を中心に計画を立てることの重要性

営業をするうえで転換点・有事が起こった時の対処法を事前に計画することは重要になりそう

ターゲット社のマーケティングが人々の習慣を探って計画されていることが興味深かった。まさにデータ社会だ。

同じ著者の作品