ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ポスト平成ですごいことになる日本経済2.0 2020年までに生じる世界のリスクと新たな秩序

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

平成から次の時代へと動き始めた日本。日経平均もバブル崩壊後の高値を更新、デフレ脱却が本格化しつつある。米中ロの冷戦復活、そして東京オリンピック開催は、昭和の高度成長期とそっくりで、歴史が再び繰り返されようとしている。この先、日本と日本経済に何が起こるのか、そして「2018年の世界最大リスク」とされた中国の動向、混乱が続く朝鮮半島の行方、分断が進む欧米の帰結は。気鋭の経済評論家が完全分析!

作品詳細情報

タイトル:
ポスト平成ですごいことになる日本経済2.0 2020年までに生じる世界のリスクと新たな秩序
ジャンル:
社会・政治・法律社会国際
著者:
渡邉哲也
出版社:
徳間書店
掲載誌:
ファイルサイズ:
14.4MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-2-26 ]

 現状のまとめ。ここ最近の著作で続いていたツイッターまとめのような感じではなく、図・表・数字が適度に配置された良い感じの構成。日本を始め、欧米、東アジアの現状に至るまでの過程を詳細に解説している。これからを見極めるためにはちゃんと経緯を把握しなければならないはずなのだが、経緯を無視してとにかく将来(というか自身の願望)のことだけを語る評論家が多い中で一味違うところを見せつけている。朝鮮半島、中国にかなりのページを割いており欧米は少なめ。良くも悪くも今一番ホットなのがアジアということなのだろう。そして、発行から1月も経っていないのに既に予測とのズレが出てきている。それだけ変化が激しく、何が起きてもおかしくない状況になっているということなのだろう。

同じ著者の作品