ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

ガーデン紙やタイム誌も絶賛!
アメリカの公共ラジオNPRの2017年ベストブックスに選出!
サンデータイムズ、ノンフィクションベストセラー2位!
世界各国からオファー殺到の睡眠本、ついに日本初上陸!

睡眠7時間以内だと早死にする? 学習前に仮眠をとると、学習能力が飛躍的に高まる?
――NBA、NFL、ピクサー…最強の睡眠コンサルタントが教える最強の睡眠法

世界的に著名な神経科学者かつ睡眠のエキスパートが、睡眠科学の最新知識を提供する。本書は、知的好奇心を満たすだけでなく、睡眠の量と質を疎かにすることが、いかに、健康、安全、ビジネスにとって悪影響を与えるかについて具体的に説明する。
生き方をも変えるかもしれない本書は必読書である。
―アダム・ガザレイ博士氏(米カリフォルニア大学サンフランシスコ校神経学・心理学・精神医学教授)

睡眠の謎について早急に解決する新しい科学について分かりやすく説明する。非常に面白く、読者は寝る時間も忘れて本書のページをめくることだろう。
―ダニエル・ギルバート(ハーバード大学心理学教授)

いま世界中が快適な眠りを求め、「睡眠ビジネス」が注目を集めています。そんななか、20年間睡眠を研究し、カリフォルニア大学バークリー校睡眠・神経画像ラボラトリーの所長として、名だたる企業の睡眠コンサルタントを務めるマシュー・ウォーカー氏の本書は、最強の睡眠を語るのにふさわしい睡眠大全とも位置付けられる一冊でしょう。
本書では、「睡眠とは何か?」というそもそもの話から、最新の研究で明らかになった睡眠の様々な効果を明かすとともに、睡眠の科学を社会でどのように役立てることができるのかを描きます。

作品詳細情報

タイトル:
睡眠こそ最強の解決策である
ジャンル:
ビジネス・経済仕事の技術・スキルアップ自己啓発
著者:
桜田直美マシュー・ウォーカー
出版社:
SBクリエイティブ
掲載誌:
ファイルサイズ:
4.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-6-3 ]

もっと寝ろ!ということと、その学術的な裏付けがひたすら書かれている書籍。
もっと寝ろというのは具体的は8時間(夜中に起きてしまう時間を差し引いて)で、そこから短くなるにつれて、いわゆる睡眠負債が溜まっていき、様々なリスクが向上するらしい。また、睡眠負債は単純計算で返済はできないため、寝溜めというのはできないそう。
これを読みだしてから、普段の生活リズムを損なわないレベルで睡眠時間を少しでも確保するようにしてみたが、確かに頭がすっきりしている気がする。
fitbitを使って睡眠のログを以前から取っているので、書籍に書かれている通りの睡眠の流れになってるのが見えるのも面白かった。