ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

人の前に出る仕事の人へ。

読み放題
価格:1,000(税抜)

読み放題プラン:初回入会時30日間無料

読み放題プラン(総合コース)に入会して読む 購入して読む

作品情報

あらすじ

人気劇団《演劇集団キャラメルボックス》の製作総指揮・加藤昌史氏は、開演前にお客さんに向けて観劇マナーを楽しく易しく伝える「前説」を、30年間・4000ステージにも渡って積み重ねてきた、正真正銘の“コミュニケーションのプロフェッショナル”だ。
本書『人の前に出る仕事の人へ。』は、そんな加藤氏が、2015年1月から始めた同名タイトルのツィッター連載をベースとしたものである。連載は140文字という短いセンテンスで毎回綴られ、テーマは、コミュニケーション、人付き合い、そして自分との関わり方などが主である。
加藤氏の連載は、回を追うごとにコミュニケーション、人付き合いに悩む幅広い層から多くの共感を呼び、多くの話題を集め、連載は今も継続中、本数はすでに300本を超えている。

加藤氏が綴るメッセージは、やさしく、前向きで、ユーモラスではあるが、しかし時に厳しくもある。「たくさんの人と出会い、ふれあうなかで、たくさんの人を傷つけ、傷つけられ、たくさんの反省を繰り返し、今日まで何とか生きてきた」と語る加藤氏だからこそ、伝えることができる“人に思いを届け、人と気持ちを通わせる”ためのヒントが、本書にはぎゅっと詰めこまれている。
「言いたいことを、うまく伝えることができない」「人に対して、うまく心を開けない」「苦手な人のキライな点ばかりが目に付いてしまう」。
コミュニケーションや人付き合いに思い悩み、不安に包まれている人々は、日々増えている。
そんな人々にぜひとも届けたい一冊である。加藤氏のメッセージが、やさしくじんわりと心に届くはずだ。

作品詳細情報

タイトル:
人の前に出る仕事の人へ。
ジャンル:
小説エッセイ・随筆
著者:
加藤昌史
出版社:
ぴあ
掲載誌:
ファイルサイズ:
14MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2015-12-6 ]

とある大学の児童教育学部の方々への講演で話した中から、「人に思いを伝え、人と気持ちを通わせるヒント」を、毎日のようにTwitterに呟いた75のツイートに解説を大幅加筆した一冊。

「常に上機嫌であれ」

キャラメルボックスの演出家・成井豊さんが劇団員にいつも話していた言葉というこの一言から、人の前に立つ人に限らず、全ての人へのエールが目一杯詰まっています。
のっけから、そんないつも上機嫌でなんかいられないよ、と言いそうになりますが「常に上機嫌であろうとし続けていること」を心がけるだけで心が軽くなるんだそうです。

いわゆる自己啓発書にあたる書籍ですが、「こうあれ」ではなく「こう思って見たらどうでしょう」という視点で書かれており、読んでいるとなんとも気持ちが楽になる不思議な仕上がりの書籍です。
元になったツイートは今も連載を続けて、既に300を超える呟きをしています。その呟きをまとめたtoggeterの閲覧数は11万を超えています。
キャラメルボックスのお芝居は「人を思う気持ち」がテーマになっていますが、ロビーで働く加藤さんをはじめとするスタッフもそんな気持ちに溢れていて、職種は違っていてもいつも参考になることばかり。劇場で「なんでそんな感じでやれるの?」と感じていた私へのヒントのような一冊でした。

……まぁ、こんな風にはなかなか出来ないんだけど、加藤さん自身も書いているように「こうありたい」と思うことからはじめてみたいですね。

同じ著者の作品