ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

アイム・ブルー サッカー日本代表「もう一つの真実」

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

木崎伸也×ツジトモ! 日本代表を最も愛する二人がタッグを組んだ! 混迷の予選を経て、チームはどのように成熟していったのか?

作品詳細情報

タイトル:
アイム・ブルー サッカー日本代表「もう一つの真実」
ジャンル:
小説国内小説一般
著者:
木崎伸也ツジトモ
出版社:
講談社
掲載誌:
ファイルサイズ:
39.6MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-10-27 ]

諸ヨーロッパの中では
小国クロアチアの
ロシアW杯の躍進を見てしまうと
日本がW杯本選で戦うことも夢ではないのでは?
と思ってしまうが
その壁は厚く何がベスト16とベスト8を隔てているのか
いまだにわかっていない。
だがこの本はその要因を少なからず示している。

日本人の特質を理解して伸ばしてあげることが
近道だからこそ
外国人監督を連れてくるだけでは意味がなく
縦に早いサッカー
切り替えが早い
ボールに組織的に守備するなど
いくつかのセンテンスをメディアは喧騒するが
それにとらわれすぎては何も生まない。

日本人はカイゼンすることこそが
是という真面目すぎるところがあり
戦犯探しをしたところで試合に勝てるようになるわけではない。

なぜ負けるか、なぜ勝てるかをしっかりと明言化して
フラットに毎回勝ちにこだわり、相手に立ち向かっていく

そこには上下関係関係なくいえるという事も欠かせないが
常習化しているのは年長者がしゃべりだし
クラブの格で意見を言うなど
上が言ったことを当たり障りなく流している
中間世代が存在する。

一つのことをよくしただけではどうにもならない
根性論や精神論にはあまりしたくないが
みんなが同じブルーに染まって入れるか
(同じ未来予想図を共有できていれば方法論なんかは
本当はどうでもいい。)

でもお金儲けの手段としてうまみを覚えてしまった
日本サッカーでどこまでそれができるのであろうか。

選手 協会 メディア サポーター それぞれの立場から
できることから初めても遅くはない。