ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

先輩を失った元スチュワーデスが当時の警察・自衛隊・政府関係者、医師、遺族、目撃者らに取材を重ねた先に見えた新事実。墜落の真相解明に拘り続ける理由と事実を見つめる勇気を伝える。

日航機123便墜落事故原因に迫る新事実!
この事故は「事件」だったのか!?

1985年8月12日。日航ジャンボ機123便は、なぜ御巣鷹の尾根に墜落しなければならなかったのか──。

「この出来事を風化させてはならない。」三十三回忌を前に、その情熱が生んだ、真相究明に一石を投じる渾身のノンフィクション!

当時、生存者の一人である日航客室乗務員落合由美さんの同僚であった著者は、この「事故」に今なお疑問を抱き、数々の目撃者の証言をもとに真相に迫っていく。
前著からさらに探査の精度が深まり、頁をめくるごとに次々と新事実が明らかになっていく迫真の展開力で一気読み必至!

作品詳細情報

タイトル:
日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る
ジャンル:
実用教養ドキュメンタリー
著者:
青山透子
出版社:
河出書房新社
掲載誌:
ファイルサイズ:
7.2MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-9-12 ]

今まで何の疑いもなく信じていた事故原因や当時の救助状況などに対して、なんと自分は薄っぺらな情報を鵜呑みにしていたのか、心の奥底がかき乱されました。
世界最大の犠牲者を出した日航123便墜落事故。当時のことはよく覚えています。墜落現場からも離れており、事故に逢ってしまった方々とも何の関わりのない、ただの中学生だったわたしにも、その事故のニュースは衝撃的で悲しいものでした。
ヘリで救助された女の子の様子。飛行機の中で残した家族への言葉を書き記した震える文字。最後まで乗客を守るために仕事を全うした乗務員たち。飛行機の残骸が散らばる御巣鷹の尾根。
どうしてこんなことになってしまったのだろう。

元日本航空客室乗務員の青山透子さんは、最期までスチュワーデスとしてのプライドをもって仕事を全うした先輩方のために、あの日の真実へ辿り着こうとされています。どうして死ななければいけなかったのか。永遠に答えの出ない問いがどれだけ辛いことか……先日、そんなことを考えていたことが蘇ってきました。

内容はとても衝撃的でした。当時の首相の態度をはじめ、自衛隊や米軍そしてメディアの対応など。何かがおかしい。何かを隠蔽しようとしている。本当はもっと沢山の命が助かったのではないだろうか。これは決して事故ではない、事件だ。そう思えてきます。もちろん、これが本当に真実なのか、それはわたしにはわかりません。けれど、この本には青山さんの執念と青山さんの見つけた真実があることは確かです。
真実は必ず存在して、たった1つしかないはずで、その真実を知る人が本当は必ずいるのです。それが表に出てこない理由の陰には、大きな力が働いているのではないか。青山さんは目撃証言を集めた結果から、衝撃的な事実へと迫っていきます。沢山の目撃証言をコツコツと集められ、内容を精査し、事実を積み重ねていきます。事実を突き止めていくと、そこには亡くなった方々の無念、残された方々の悲しみ、乗客を救うために望みを捨てずに行動したであろう機長をはじめ乗務員たちの責任感。そんな心揺さぶられる感情が、わたしには見えてきて、何度も涙が出てしまいました。

この事件の真実を語ってほしい。それが亡くなった人々への償いになり、そして残された人々への未来へと繋がる……そう思えるのです。

同じ著者の作品