ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

数字のウラに隠された、驚くべき人間ドラマ。
誰にも書けなかった
「会計エンタテインメント」爆誕!


【本書の特徴】
その1 ダ・ヴィンチ、レンブラント、スティーブンソン、フォード、
ケネディ、エジソン、マッキンゼー、プレスリー、ビートルズ
……意外な「有名人」たちが続々登場!

その2 冒険、成功、対立、陰謀、裏切り、愛情、喜びと悲しみ、
栄光と挫折、芸術、発明、起業と買収
……波乱万丈、たくさんの「知られざる物語」が展開します

その3 簿記、決算書、財務会計、管理会計、ファイナンス、IFRS
……物語を楽しく読み進めるだけで、これらの仕組みが驚くほどよくわかります

その4 イラストと写真、ひと目でわかるイメージ図が満載。
会計の本なのに、細かい数字はいっさい出てきません!


「私はこれまで数々のビジネススクールや企業研修で
会計分野の講師を務めてきました。
会計を『大局的に・楽しく』学んでもらうのはとても難しい作業ですが、
講義で『歴史』をもちいる手法はかなり効果的でした。

会計ルールの誕生エピソードや人物秘話を少々大げさな講談調で語ると、
受講者たちが身を乗り出してきます。
本書はそんな経験をもとにしています。

皆さんにも『好奇心とともに会計を理解する』経験をしてもらえれば
嬉しいです。」
──「旅のはじめに」より


【「9つの革命」で全体像がわかる】
第1部 簿記と会社の誕生
「3枚の絵画」
15世紀イタリアから17世紀オランダへ
銀行革命/簿記革命/会社革命

第2部 財務会計の歴史
「3つの発明」
19世紀イギリスから20世紀アメリカ、21世紀グローバルへ
利益革命/投資家革命/国際革命

第3部 管理会計とファイナンス
「3つの名曲」
19世紀から21世紀・アメリカ
標準革命/管理革命/価値革命

作品詳細情報

タイトル:
会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語
ジャンル:
ビジネス・経済経営会計・簿記
著者:
田中靖浩
出版社:
日本経済新聞出版社
掲載誌:
ファイルサイズ:
8.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-10-17 ]

世界史、音楽、アート、会計。以上4つの要素に興味関心がある人にとってはたまらなく面白い本だと思う。個人的にはエンタメ的な面白さにおいては歴代の会計関連本の中でもNo.1だ。

大筋は会計の歴史を複式簿記からファイナンス理論まで、15世紀のイタリアから現代まで、時代の流れに沿って紐解いていく。それだけであればいくつか類書が思い当たるが、この本の素晴らしいところは科学技術、アート、音楽のトリビアを織り交ぜ、その時代の空気感をリアルに感じながら会計の歴史を学べるところだ。

ともすれば数字と専門用語ばかりで無味乾燥な印象を持たれがちな会計の世界だが、実はそれぞれの時代のニーズを取り込みながら現代まで進歩してきたことはあまり世の中に知られていない。

その歩みをこれほど臨場感を持って描き切った著者と関係者の皆様の労力と情熱には感動さえ覚える。なにしろダビンチから始まり、ビートルズとマイケルジャクソンで終わるなんて会計本が未だかつてあっただろうか。

あまりに面白くて、はたしてこれは脚色なしの本当の話なんだろうか、と思いながら最終ページを読み終えたが、そんな野暮な疑問は巻末の6ページに渡る参考文献の山によって粉々に打ち砕かれてしまった。

これから簿記会計の勉強を始めるにあたって面白さがわからずに苦労している人に是非読んでもらいたい一冊だ。もちろん長く会計にまつわるキャリアを重ねてきた人にとっても、きっと何かしら新しい発見があるだろう。


同じ著者の作品