ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

「窓」の思想史 ──日本とヨーロッパの建築表象論

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

建築物に欠かせない「窓」。この身近な建築表象を歴史的にふりかえってみたとき、どのような相貌があらわれてくるのだろうか。日本とヨーロッパの様々な文物を織り交ぜながら、その土地に住まう人々が窓の造形に込めた感情と思想の来歴、文化構造の相違と影響関係、そして文明的意味を探る。

作品詳細情報

タイトル:
「窓」の思想史 ──日本とヨーロッパの建築表象論
ジャンル:
サイエンス・テクノロジー工学
著者:
浜本隆志
出版社:
筑摩書房
掲載誌:
ファイルサイズ:
32.4MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2012-1-3 ]

すごくザックリ言うと、ヨーロッパの窓は外敵を意識した閉じる窓、日本の窓は自然に開放した広い窓。ヨーロッパは押す、日本は引く。ヨーロッパは発信、日本は受信。窓だけでなくて、いろんなことにその思想が染み込んでいると。
窓という建築のパーツそのものの本ではなく、窓を通した民俗的背景にだいぶページが割かれています。
導入部は非常に楽しく読めたのですが、終盤はウインドウズ(OS)とかモバイル機も窓だ、などという話に展開してしまって、強引さを感じました。日本が頑張れるぞ、ということを伝えたかったのかもしれませんが、本書の趣旨としては9章で終わってしまってよかったのでは。

同じ著者の作品