ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

シュレディンガーの本質的な問いかけ「生命とは何か」から始まっていることに心底しびれた。「死」をエントロピーから捉え直した画期的な論考。
――― 福岡伸一氏(『生物を無生物のあいだ』著者)推薦!

死なないように進化しないのはなぜか?

われわれが住む地球にはじつに多様な生態的地位があふれている。自己を増殖しようとする大きな原動力、自らの遺伝子を残すための生殖行為の発展、生き残る術と再生能力に長けた生き物であふれているのに、なぜ誰も、死を避けて長生きする方向には進化しないのか。著者は、人生における死が、わたしたちの想像を超えて色々な形で存在しており、死が進化に影響を与えている証を示していく。宇宙があなたに、死ぬ可能性を付与したというのだ。死は何か信じがたいかたちで自然界に溶け込み、自然界に力を与え、多様性に拍車をかけている。

人類は古代から、飢餓、かんばつ、震災、戦争などを経て、争いのなか生き残ってきたが、大人としてたった2時間しか生きることができない動物もいれば、決まった時間が来たら自ら命をたつ特性を持つものもいる。一方で、何百年もの間生きる動物もいるかと思えば、他者に取り付いて残酷な死に方をさせる寄生虫もいるし、長く健康な人生を送らせるために取り付く寄生虫もいる。死は、自然や進化に与えている影響を明確にしながら、限りある命と照らし合わせて考えなければ、到底その複雑な糸を解きほぐすことはできないだろう。

人類はおそらく、「死」が生物に等しく起こるという事実を認識している、地球史上最初の動物である。生命の不思議は「神」でしか説明できないかもしれない。しかし、生命の可能性や人生の意味を見つけ、自分で選ぶことができるのは、人間の特権である。われわれはその特権をうまく使うことができているだろうか。

本書を読む体験は読者にとって、生き物たちの終末と再生を見極めようとする、壮大かつ楽しい冒険の旅となるであろう。

作品詳細情報

タイトル:
動物学者が死ぬほど向き合った「死」の話
ジャンル:
サイエンス・テクノロジー生物・バイオテクノロジー
著者:
ジュールズ・ハワード中山宥
出版社:
フィルムアート社
掲載誌:
ファイルサイズ:
5.3MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-10-30 ]

生物とは何だろうか。それは生きているものである。
「生きている」とは何かといえば、一般には、「自己と外界を分ける境界があること」「エネルギーや物質を代謝すること」「自己複製すること」などの特徴が挙げられる。英語圏では運動(Movement)、呼吸(Respiration)、感覚(Sensitivity)、成長(Growth)、再生・生殖(Reproduction)、排泄(Excretion)、栄養(Nutrition)の7つの現象での定義があり、頭文字を取ってMRS GREN(グレン夫人)とも称される。
けれども、突き詰めて、一体生きているって何なのかというと、実のところ曖昧で未整理な部分も多い。
ウイルスは生きてるの? 生殖が必須の条件だとしたら、生殖能力がない交雑種のラバは死んでるの?
本書はそんな生命の謎に「生」と対極の「死」から迫ろうとするものだ。

著者自身、動物学者であるが、「死」を専門とするさまざまな研究者の元を訪れ、多様な観点から死を、そして生を考えていく。
ウワミズザクラとイモムシのせめぎ合い。
極めて長寿の貝とフリーラジカルの制御。
ブタの「死体農場」。
大した毒性もないのに猛毒と誤解されているゴケグモモドキ。
死んだ同胞を巣から運び出すハキリアリ。
マウスにネコを恐れなくさせ、「自殺」行為へと誘うトキソプラズマ。
個々のトピックスから、生物種によって寿命がほぼ決まっているのはなぜか、生物種同士の駆け引き、死が多様性に与える影響など、興味を惹く論点が浮かび上がってくる。
個人的には、死なないように進化しなかったのはなぜかという問いはおもしろい視点だと思った。そう、不老不死がよいものならば、そちらに向かう生物がいてもよい。どうもそうではないのは、そこに何らかの理由があるのかもしれない。

非常に整理されているというよりも、著者の思索という部分も多く、問いにも(問題の性質上)すっきり解決が与えられるわけでもないのだが、「死」から「生」を考えるというのはなかなかおもしろい試みだと思う。

同じ著者の作品