ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

平和な奥多摩分署管内で全裸美女冷凍殺人事件が発生した。被害者の左胸には柳の葉のような印。二週間後に刑事を辞職する真壁修は激しく動揺する。その印は亡き妻にあった痣と酷似していたのだ! 何かの予兆? 真壁を引き止めるかのように、次々と起きる残虐な事件。妻を殺した犯人は死んだはずなのに、なぜ? 俺を挑発するのか──。過去と現在が交差し、戦慄の真相が明らかになる!

作品詳細情報

タイトル:
ジャンル:
小説ミステリー・サスペンスミステリー・サスペンス(国内)
著者:
伊岡瞬
出版社:
徳間書店
掲載誌:
ファイルサイズ:
2MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-11-3 ]

伊岡瞬『痣』徳間文庫。

猟奇連続殺人事件を描いた警察小説のようだ。伊岡瞬の作品を読むのは『代償』『乙霧村の七人』に次ぐ三作目。『代償』が非常に面白く、『乙霧村の七人』の酷さには愕然としたのだが、果たして本作はどうか……

結果から言えば、大当りだ。『代償』と並ぶ高いレベルの作品だと思う。描かれる事件のエグさと謎の犯人像、混沌とする警察捜査と驚愕の真相……後味の悪い結末となるところを最後の最後に希望の光を見せてくれた。

普段は平穏な奥多摩分署管内で、全裸美女猟奇殺人事件が発生する。二週間後に刑事を辞職する真壁修は被害者の左胸に刻まれた柳の葉のような傷を見付け、激しく動揺する。その後まるで警察組織を嘲笑うかのように、第二、第三の猟奇連続殺人事件が起こり、真壁は泥沼のような事件の深淵へと足を踏み入れていく……

同じ著者の作品