ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

家でできる「自信が持てる子」の育て方―――“自分からつい勉強する”ようになる「あの手」

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

テレビや新聞などメディアで話題沸騰!
「ダンシング掃除」「勝手に観光大使」などで知られる
“ぬまっち先生メソッド”を、
ご家庭でもできるように1冊の本にまとめました!

 子どもたちみんなに共通していえることがあります。
 それは何はともあれ楽しいことが一番だということ。
 勉強にしろ、運動にしろ、楽しいことなら、
子どもたちは大人に「やりなさい」といわれなくても
自分からやりはじめるのです。

 そして、“楽しい”が高じて、
「もっと、やってみたい!」という“やる気”となります。
子どもが成長するのは、子どもの中に“やる気”があるときです。
やる気があれば、子どもは勝手にがんばってくれます。
子ども自身の力で伸びていきます。
それが自信につながっていきます。

 ただ、その「やる気」を持たせるには、
お父さん・お母さんの「仕掛け」が必要になります。

 ◎「早くしなさい!」という前に、子どもが自分から動く仕掛けとは?
 ◎勉強を「やらされるもの」から「やりたくてたまらない」ものにする仕掛けとは?
 ◎失敗にくじけず、立ち上がる力を作る仕掛けとは?

本書は、子どもの「やる気」を引き出し、自信を持たせるための、
“あの手”“その手”“あっちの手”“そっちの手”“誰の手”“他人の手”“神の手”“猫の手”
つまりは「仕掛け」となるヒントをたくさんまとめた1冊です。


■目次

1章 “自分からつい勉強する”ようになる「あの手」

2章 ついつい“夢中になって”続けてしまう「この手」

3章 子どもが“もっと伸びる”褒め方「他人の手」

4章 なんでも“やり抜く力”をつける「神の手」

5章 子どもと“しっかり向き合っていく”ための「あらゆる手」

■著者 沼田晶弘
国立大学法人東京学芸大学附属世田谷小学校教諭、ハハトコのグリーンパワー教室講師。
東京学芸大学教育学部卒業後、アメリカ・インディアナ州立ボールステイト大学大学院で学び、
インディアナ州マンシー市名誉市民賞を受賞。 スポーツ経営学の修士を修了後、同大学職員などを経て、
2006年から東京学芸大学附属世田谷小学校へ。
児童の自主性・自立性を引き出す、斬新でユニークな授業はアクティブ・ラーニングの先駆けといわれ、
数多くのテレビや新聞、雑誌などに取り上げられている。
教育関係のイベントはもちろんのこと、企業からの講演依頼も精力的に行っている。
@Twitter  ぬまっち(沼田 晶弘)@小学校教諭/@88834

作品詳細情報

タイトル:
家でできる「自信が持てる子」の育て方―――“自分からつい勉強する”ようになる「あの手」
ジャンル:
児童児童学習・知育学習その他
著者:
沼田晶弘
出版社:
あさ出版
掲載誌:
ファイルサイズ:
3.4MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-12-13 ]

家でできる「自信が持てる子」の育て方。沼田晶弘先生の著書。世界一のクラスの先生ことぬまっち先生が子供たちの自信ややる気、積極性を引き出すための方法をわかりやすく説明した良書。日本は出る杭は打たれるで自信を持つことや自信家が良しとされない文化。すぐに高慢で横柄だとか自信過剰だとか自意識過剰だとか批判されがち。沼田晶弘先生、ぬまっち先生のような教師が増えたら子供たちにとっても幸せなことだと思います。

同じ著者の作品