ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

死に山 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

一九五九年、冷戦下のソ連・ウラル山脈で起きた遭難事故。登山チーム九名はテントから一キロ半ほども離れた場所で、この世のものとは思えない凄惨な死に様で発見された。氷点下の中で衣服をろくに着けておらず、全員が靴を履いていない。三人は頭蓋骨折などの重傷、女性メンバーの一人は舌を喪失。遺体の着衣からは異常な濃度の放射線が検出された。最終報告書は「未知の不可抗力によって死亡」と語るのみ―。地元住民に「死に山」と名づけられ、事件から五〇年を経てもなおインターネットを席巻、われわれを翻弄しつづけるこの事件に、アメリカ人ドキュメンタリー映画作家が挑む。彼が到達した驚くべき結末とは…!

作品詳細情報

タイトル:
死に山 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相
ジャンル:
文学・詩集外国文学
著者:
ドニー・アイカー安原和見
出版社:
河出書房新社
掲載誌:
ファイルサイズ:
27.6MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-2-22 ]

今から50年前に起こったロシア(旧ソビエト)で9人もの死者が出た遭難事故。それは謎に満ちたものであった。なぜ極寒のなか全員が裸に近い姿、それも外で靴を履いてなかったのか?なぜ一人は舌がなく、骨折し、低体温で死んでいたのか?そしてなぜテントは外側でなく内側からナイフで切られていたのか?現代と過去を交互にゆきつつ検証してゆく様はまるで上質のミステリーを読んでいるよう。限りなくフィクションに近いノンフィクション。買ったその日に一気に読破。それほど面白かった。結局人間は自然には勝てないとゆうラスト。当時推察された核ミサイルの実験でもUFOの仕業でも、雪崩でもない驚きの真実。著者のドニー・アイカーはドキュメンタリー映画作家とゆうこともあって立派なエンターテイメントにし上がってる。ちなみに読んでる間、BGMに「Xーファイル」(懐かしい!)のサントラをかけてたらよけいにドキドキした。今年に入って1番読み応えのあった1作。オススメ!

同じ著者の作品