ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

あなたは凡人? 秀才? それとも天才?
公開瞬く間に30万pvを超えた人気ブログ
「凡人が、天才を殺すことがある理由。」が、
物語となって書籍化!

◎世の中には「天才」と「秀才」と「凡人」がいる。三者の間にはコミュニケーションの断絶がある。凡人は天才を理解できず、排斥する。秀才は天才に憧憬と嫉妬心を持つが、天才は秀才にそもそも関心がない。秀才は凡人を見下し、凡人は秀才を天才と勘違いしている。――18年3月16日にネットに配信された「凡人が、天才を殺すことがある理由。――どう社会から「天才」を守るか」と題されたコラムがバズ(BUZZ)った。

◎ビジネスコラムとしては、異例の30万PV、フェイスブックのシェアは2万4000に達した。またビジネス向けネットメディアであるNewsPicksに転載されると、その反響(コメント)は2200に及んだ。
さらに、このコラムの反響を取り上げた2回目のコラム「天才を殺すのは、実は「秀才」ではないのか?等への回答10選」も、フェイスブックのシェアだけで5000を超え、「天才・秀才・凡人」を巡るネット上の議論はなお続いている。

◎本書はこのコラムをストーリーにし、書籍化する。

◎「天才、秀才、凡人の評価軸の違い」「経営におけるアートとサイエンス」「イノベーションと飽き」「それぞれの人の中にいる天才、秀才、凡人」などの議論を展開していく。

作品詳細情報

タイトル:
天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ
ジャンル:
ビジネス・経済仕事の技術・スキルアップ仕事の技術
著者:
北野唯我
出版社:
日本経済新聞出版社
掲載誌:
ファイルサイズ:
15.2MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-1-31 ]

人は「天才」「秀才」「凡人」に分けられる。
上記に沿って、特徴も「創造性」「再現性」「共感性」がある。
自分はどの位置なのか把握すること。
会社では、なかなか創造性を可視化することが難しい。
判断材料になりうるのは、「反発の量」。
また、自らの才能を発見し、ストッパーを外すことが大切。
特に「凡人」が「最強の武器」を手にするためには以下の方法がある。
1.他人の言葉をデトックスすること。
2.白状すること。

同じ著者の作品